[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2010年化学10大ニュース【Part2】

 

さて前半戦に引き続き、2010年化学ニュースは残り5つ!2010年もあと数時間で終わりを告げてしまうのでさっさと行きたいと思います。

5年に一回。常夏の学会

2010top10_6.png

当サイトブログ、化学者のつぶやきでもスタッフが記事にしているように【関連記事:PACIFICHEM2010に参加してきました! 】今年はオリンピックよりも開催間隔の長い⑤年に1会の常夏の学会、ハワイワイキキでの環太平洋国際科学会議が12月に行われました。

個人的には2回発表があったのと仕事がたまっていたので、ほとんどホテルで仕事をしているか、会場で講演を聞いていました。休日はスキューバーダイビング2ダイブと帰国前日の土砂降りの雨の中でのオアフ島一周ドライブしか楽しめませんでしたが、なかなか会えない人に会えるいい機会であったと思います。ポスドク時代の共同研究者と会えたのと、有機化学者の集まる謎の焼肉屋(元プロ野球選手の清原もいました。)で先生方とお話できたのがよかったかなと思います。ブログの方で体験記が続くようなのでぜひご覧になってください。

 

iPadと元素

2010top10_7.png
2010年5月に発売されたiPadはモバイル端末や書籍のあり方を変える一助になりました。そのiPadに当初から注目アプリとして搭載可能であった元素図鑑はビジュアルで訴える化学ということで大ヒットとなりました。後に日本語化、さらにスピンオフして書籍化され、高価であったもののこちらも大ヒット。元素というものは化学者だけでなく一般の方々も魅了する化学、科学のコミュニケーションツールであることが再認識されました。昨年112番目の元素が決定され、今年の初めに正式に「コペルニシウムCn」として周期表に掲載されました。113番目の元素ももうすぐでしょうか。こちらは日本が発見した元素であるので「大きな」話題を呼びそうですね。

 

中国とレアメタル危機

2010top10_8.png
上記の元素と関連がありますが、中国のレアメタル、レアアース(希土類)輸出規制に伴って、科学界でもこれらを代替する金属もしくはそれを凌駕する機能を有する材料の開発が求められています。これまでも元素戦略と名付けられた多種類の元素を活用する国家的なプロジェクトが走っていましたが、今年からまたいくつかのプロジェクトが立ち上げられ、さらに加速された感があります。日本の代表するエレクトロニクス製品全般に関わってくるためこれらの開発が科学者にとっても腕のみせどころといったところです。歴史的に、このように何かを窮乏した状況に新しい科学・技術は生まれる傾向がありますので、今後の科学者の努力に期待したいと思います。
 

未来に語り継がれる化学者たち

2010top10_9.png
今年も多くの化学者たちがこの世を去りました。お亡くなりになられたのは非常に残念なことですが、今後も彼らの残した化学は不滅であり語り継がれていくでしょう。個人的になってしまいますが、徳島文理大学の西沢麦夫先生がお亡くなりになったのは大変ショックな出来事でした。ケムステでも追悼企画、そして最近有機合成化学協会誌12月号にて大船泰史先生が同先生を偲んでエッセイを書いています。また、今年は化学史の編集に力を入れていた芝哲夫先生やノーベル化学賞受賞者のジョン・フェン教授もお亡くなりになられています。各先生方のご冥福をお祈りいたします。

2010年訃報ー化学者

2月9日 萩原久人(大阪府立大学名誉教授)
4月10日 山崎一雄(名古屋大学名誉教授)
4月25日 中垣正幸(京都大学名誉教授)
5月1日 西沢麦夫(徳島文理大学教授)
8月6日 塩川二朗(大阪大学名誉教授)
9月3日 西島安則(京都大学元総長・名誉教授)
9月9日 栗栖安彦(上智大名誉教授)
10月28日 芝哲夫 (大阪大学名誉教授)
12月10日 ジョン・フェン(2002年ノーベル化学賞受賞者)

 

2010年「キーワード」「分子」

2010top10_10.png

2010年の化学界の注目キーワードはどうだったでしょうか。筆者が有機化学者のため有機化学ばかりになりますが、以下のキーワードが今年の1つの化学界の潮流であったように思われます。昨年とかぶっているものもありますが、研究は1年で終わるものではないのでご容赦ください。来年はどのような新キーワードがくるか楽しみです。

「フッ素化反応」「C-H官能基化」「MOF」「NHC」「太陽電池」「有機EL(OEL)」

また、2010年分子も昨年に続いてあげてみました。今年は昨年のように10大分子騒ぎがなかったため、思いつくままに記載してみました。

パラウアミン:昨年12月29日に報告された前人未到化合物全合成。来年発売されるClassics Total SynthesisIIIの中でもラストを飾る合成化学のマイルストーン化合物
両末端デンドロン化高分子(アクアマテリアル):東大相田卓三先生によって合成された面白い材料のリードとなる分子。各方面で話題となりました。
ジリチオプルンボール:鉛の入った5員環化合物。発想は単純だがつくるのは難しい。
マンザミンA:これまでもいくつが全合成が報告されてきましたが、東大福山透先生の芸術的な合成。
ビフェニル(ビアリール化合物):今年のノーベル化学賞の技術のアウトプット先の中核となる化合物。これが簡単に作れるようになって、製薬、化学会社は新製品を数多く生み出した。
エリブリン:昨年から今年にかけて天然物化学、合成化学、創薬化学界の話題をさらった新規医薬品。
グラフェン:今年のノーベル物理学賞受賞化合物。カーボンナノチューブが受賞なるかと期待されたが、こちらも応用が期待できる一品。
フラーレン:実は今年で発見25周年。Googleのロゴが一瞬フラーレンに変わりました。
ビタミンB1:発見100周年。日本発の化合物ですね。オルニチン(ビタミンB1)配合で「1杯で70個分

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  2. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  3. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を…
  4. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  5. 第32回生体分子科学討論会 
  6. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  7. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  8. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  2. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  3. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  4. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  5. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  7. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  8. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  9. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  10. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP