[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本化学会第85回春季年会

日本化学会第85回春季年会が2005年3月26~29日 神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市神奈川区六角橋)で開催されます。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  2. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  3. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  4. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 第15回光学活性シンポジウム
  7. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  8. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  2. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  3. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  4. 筑波山
  5. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  6. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  7. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  8. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  9. 指向性進化法 Directed Evolution
  10. ワインのコルク臭の原因は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP