[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本化学会第85回春季年会

日本化学会第85回春季年会が2005年3月26~29日 神奈川大学横浜キャンパス(神奈川県横浜市神奈川区六角橋)で開催されます。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  2. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  3. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  4. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判…
  5. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  6. イチゴ生育に燃料電池
  7. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  8. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  2. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  3. カーボンナノリング合成に成功!
  4. アゾ化合物シストランス光異性化
  5. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(
  6. 天野 浩 Hiroshi Amano
  7. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  8. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  9. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  10. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP