[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

Mukaiyama Award―受賞者一覧

Mukaiyama Awardは、向山光昭教授の喜寿および米国科学アカデミー外国人会員選出を記念して2004年に設立された国際賞。有機合成化学領域において斬新な方法論を打ち出した、45歳以下の若手研究者に授与される。賞金は$5,000。

 

設立以来の受賞者一覧は以下の通り。

 

2005 Alois Furstner
2006 Gregory C. Fu、杉野目道紀
2007 David W. C. MacMillan、谷野圭持
2008 John F. Hartwig、野崎京子
2009 Justin Du Bois、石原一彰
2010 Micheal J. Krische、寺田眞浩
2011 Dean Toste, 垣内史敏
2012 Jin-Quan Yu、田中健
2013 Benjamin List、伊丹健一郎
2014 Phil S. Baran、井上将行
2015 Brian M. Stoltz、山口茂弘

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フィル・バラン Phil S. Baran
  2. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  3. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  4. 森謙治 Kenji Mori
  5. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  6. ヨン・ピエール Jorn Piel
  7. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  8. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  2. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  3. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  4. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  5. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  6. 研究者/研究力
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  8. アロタケタールの全合成
  9. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  10. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

3年以上本コンテンツは更新が滞っていましたが、ゆっくりと再開いたします。第28回はブライトン大学、薬…

「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

「ケムステ海外研究記」の第8回目は、小田晋 博士にお願いしました。小田さんは4年間のシカゴ大…

有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

前回、芳香族求電子置換反応の概要と一般的な反応機構についてお話ししました。そこでは、ベンゼンの安定な…

拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

拡張Pummerer反応として、 -シグマトロピー転位を経由するアリールスルホキシドとフェノール類と…

脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

第70回のスポットライトリサーチは名古屋大学創薬科学研究科・北村研究室の道木和也さんにお願いしました…

iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

YouTubeなどで日本刀に斬られたり、ライフルで撃たれたりしているiPhone 7ですが、酸への耐…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP