[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

Mukaiyama Award―受賞者一覧

Mukaiyama Awardは、向山光昭教授の喜寿および米国科学アカデミー外国人会員選出を記念して2004年に設立された国際賞。有機合成化学領域において斬新な方法論を打ち出した、45歳以下の若手研究者に授与される。賞金は$5,000。

 

設立以来の受賞者一覧は以下の通り。

 

2005 Alois Furstner
2006 Gregory C. Fu、杉野目道紀
2007 David W. C. MacMillan、谷野圭持
2008 John F. Hartwig、野崎京子
2009 Justin Du Bois、石原一彰
2010 Micheal J. Krische、寺田眞浩
2011 Dean Toste, 垣内史敏
2012 Jin-Quan Yu、田中健
2013 Benjamin List、伊丹健一郎
2014 Phil S. Baran、井上将行
2015 Brian M. Stoltz、山口茂弘

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. テオ・グレイ Theodore Gray
  2. マーティン・カープラス Martin Karplus
  3. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  4. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  5. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  6. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  7. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  2. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  3. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  4. 「引っ張って」光学分割
  5. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  6. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  7. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  8. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  9. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授
  10. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

就職か進学かの分かれ道

2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

ハイフン(-)の使い方

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP