[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!

 

一昔前は、研究費獲得業務といえばラボスタッフ以上のお仕事でした。しかし現在は大学院生でも研究奨励費が貰える国策制度(学振特別研究員、COEプログラム、リーディング大学院など)が充実を見せつつあります。そのため学生にとっても「申請書書き」は重要な研究業務の一環となりつつあり、それに悩む学生の姿を見るのも毎年の風物詩ともなっています。

化学系プロ研究者(の卵)であるケムステスタッフが過去に執筆した、「研究費・奨学金」とその仕組み・応募方法に関する記事を、広く研究者の方々の参考資料としてまとめて見ました。

研究テーマの選び方

grant_summary_1

「科学者として取り組むべき研究テーマは、どういう指針で選ぶべきなのか?」―これは研究者なら誰しも頭を悩ませる問題でしょう。もちろん夢のあるテーマを追い求め続けたいですが、プロとして継続的な研究を続けて行くには、現実的目線も持っておく必要があります。また当然ながら魅力的なテーマが立てられないと、研究費を獲得することは出来ません。優れた「ノウハウ文」はいくつか公開されていますので、まとめてみました。

 

申請書書きあれこれ

grant_summary_3

研究費の応募には「申請書書き」が避けては通れません。しかしラボによっては指導体系やノウハウ蓄積が充実しておらず、運営スタッフ側ですら精緻に理解していないポイントがあるかもしれません。申請書もプレゼンテーションの一環なので、少しの訓練と書き方のコツを学ぶことで見違えるほどに良くなることがあります。

 

予算制度について考える

grant_summary_4

大学院生向けの奨励費の充実に加えて、ACCELImPACTといったかつてない巨額グラントや、医療研究開発機構AMEDが最近続々と立ち上がりました。その一方、大学運営費は歯止め無く減少を続けています。研究費によらず、運営予算は自力獲得していくものという考え方が今後の普通になるでしょう。しかし我が国にそもそもお金はありませんので、競争激化は避けられないと思われます。グラント獲得戦略も複雑多様化の傾向がいよいよ強まるのではないでしょうか。研究者側も一通りの理解をしておかねばならないと思いますが、今後は研究費獲得をサポートする業務・リサーチアドミニストレータ(URA)の重要性がいよいよ増してくると思われます。

 

自分に適した研究費を探す

grant_summary_5

細々したものを含めると、世の中には本当に沢山の助成元があります。有難いことなのですが、全部を調べるのは大変です。果たして周りの人たちがよく応募するような研究費、ボスから紹介して貰った財団などを継続的に応募してしまう、という人が割と多いのではないでしょうか。しかし先に述べた事情からも、研究費獲得先が幅広くあるに越したことはありません。

研究助成情報サイト:コラボリー/Grantsは研究費検索に大変便利に使えるサイトです。現在募集中の研究費と過去の取得者一覧を簡単に調べることができるので、採択率なども自分なりに見積もることができます。科研費も引っかかるので、科研費データベースを使うより効率が良く、筆者も頻繁に活用させて貰っています。

ついでに言うと本サービスが運営するコラボリー/Beats!は、研究者にとって興味深い情報満載サイトですので、フォローしておくと良いと思います。展開サービスのコラボリー/Groupもあります。今後どう発展していくサービスなのか、注目しておきたいですね。

また大学院生向けの奨学金については、以下の記事も参考になると思います。

 

ネット時代の自己アピール法

grant_summary_6

時はネット時代、Webを通じたアピールはいまやどの分野にもおなじみとなっています。「研究者の顔が見える」よう、必要最低限の情報はデジタルスペースに置いておく必要があります。審査員が「申請者の名前でGoogle検索する」ことも、今は普通に行われています。ウェブに情報がないということは、それだけで損している可能性大なのです。どんなツールを使って、どこに力点を置いて情報発信していけば良いのでしょうか?以下の記事は一つの参考になるかもしれません。

 

研究テーマ・申請書執筆を考えるための参考書籍

grant_summary_7

論文書きに関する参考書のほうが数としては多いのですが、基本的な考え方(序論・本論・結論といった科学文章特有の構成、パラグラフライティングなど)は申請書書きにもそのまま応用できます。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. 化学業界と就職活動
  3. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  4. ノーベル化学賞まとめ
  5. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  6. 化学研究特化型アプリまとめ
  7. 生合成研究の記事まとめ
  8. 理系の海外大学院・研究留学記

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ターボグリニャール試薬
  2. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  3. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  4. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  5. デンドリマー / dendrimer
  6. ぼっち学会参加の極意
  7. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  8. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  9. IBX酸化 IBX Oxidation
  10. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP