[スポンサーリンク]

ケムステニュース

のむ発毛薬で五輪アウトに

[スポンサーリンク]

プロペシアスポーツ仲裁裁判所(CAS)は10日、使用していた発毛薬がドーピング(薬物使用)違反にあたるとの疑いが持たれていたスケルトンのザック・ランド(米国)に対し、1年間の出場停止処分を科すと発表した。同選手はトリノ冬季五輪出場が不可能になった。

 同選手は昨年11月のW杯のドーピング検査で筋肉増強剤使用の痕跡を消す作用のあるフィナステリドが検出されたが、日常的に使用している「のむ発毛薬」に含まれている成分と判明。しかし、世界反ドーピング機関(WADA)はこの薬物が05年1月から禁止薬物リストに載っていることから、同選手の資格停止を決めた。米国オリンピック委員会(USOC)も今回の決定を受け入れた。(引用:Sponichi Annex)

 

 のむ発毛薬といえばメルクから発売されているプロペシア。日本でも最近発売になりました。発毛薬で出場停止ってかわいそうですね。ところで、その効果はいったいどうなんでしょうか?そろそろ効果がでてきてもいいと思いますが。

?



関連サイト

何はともあれ育毛剤


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  2. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  3. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  5. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  6. 理研も一般公開するよ!!
  7. 製薬各社 2010年度決算
  8. 2011年10大化学ニュース【後編】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シアノスター Cyanostar
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  4. カテラニ反応 Catellani Reaction
  5. FAMSO
  6. パラジウム価格上昇中
  7. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-
  8. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  9. Carl Boschの人生 その4
  10. 【追悼企画】水銀そして甘み、ガンへー合成化学、創薬化学への展開ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP