[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル

 インフルエンザ薬「タミフル」を服用した子供の異常死が続発している。仙台の中2男子(14)は27日、タミフルを飲んだ直後にマンション11階から転落死。タミフル服用後に死亡したケースは、昨年10月までに54件に上る。ところが厚労省は何も動こうとしない。そこでささやかれているのが「米国の圧力説」だ(引用:日刊ゲンダイ)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ピンポン玉で分子模型
  2. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  3. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  4. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  5. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  6. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  7. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  8. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  4. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  6. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  7. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  8. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  9. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応
  10. はてブ週間ランキング第一位を獲得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP