[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル

[スポンサーリンク]

 インフルエンザ薬「タミフル」を服用した子供の異常死が続発している。仙台の中2男子(14)は27日、タミフルを飲んだ直後にマンション11階から転落死。タミフル服用後に死亡したケースは、昨年10月までに54件に上る。ところが厚労省は何も動こうとしない。そこでささやかれているのが「米国の圧力説」だ(引用:日刊ゲンダイ)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  2. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも…
  3. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  4. 富士写、化学材料を事業化
  5. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  6. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  7. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  8. 抗生物質

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  2. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  3. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  4. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  5. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  6. 理系のための就活ガイド
  7. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  8. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  9. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より
  10. 記事評価&コメントウィジェットを導入

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP