[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル

 インフルエンザ薬「タミフル」を服用した子供の異常死が続発している。仙台の中2男子(14)は27日、タミフルを飲んだ直後にマンション11階から転落死。タミフル服用後に死亡したケースは、昨年10月までに54件に上る。ところが厚労省は何も動こうとしない。そこでささやかれているのが「米国の圧力説」だ(引用:日刊ゲンダイ)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  2. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  3. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  4. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  5. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  6. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  7. 秋の褒章2010-化学
  8. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 福山透 Tohru Fukuyama
  2. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  3. 甘草は虫歯を予防する?!
  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  6. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  7. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  8. 資生堂企業資料館
  9. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  10. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP