[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン株、来年急上昇する可能性

[スポンサーリンク]

米金融週刊紙バロンズ最新号は、米化学大手のデュポンの株価が今後1年間で15─20%上昇する可能性があるとのリポートを掲載した。同紙は、デュポンの5つの主要事業にはいずれも大きな成長の可能性があり、特に遺伝子組み換え作物の分野では記録的な成長を遂げる見通しだと指摘。
「株価収益率は15倍にすぎず、大手化学企業としては平均をさほど上回る水準でない。モンサントの29倍をはるかに下回っている」としている。(引用:朝日新聞

米国は好景気ですね。デュポンは遅れて上昇しているのでしょうか。日本は米国株価に踊らされながらも着実に株価が下がってきてるというのに。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  2. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  3. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  4. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  5. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  6. 室温で液状のフラーレン
  7. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の…
  8. 理系が文系よりおしゃれ?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. テオ・グレイ Theodore Gray
  2. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  3. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  4. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  5. 揮発した有機化合物はどこへ?
  6. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  7. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  8. 【2021年卒業予定 修士1年生対象】企業での研究開発を知る講座
  9. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  10. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP