[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン株、来年急上昇する可能性

米金融週刊紙バロンズ最新号は、米化学大手のデュポンの株価が今後1年間で15─20%上昇する可能性があるとのリポートを掲載した。同紙は、デュポンの5つの主要事業にはいずれも大きな成長の可能性があり、特に遺伝子組み換え作物の分野では記録的な成長を遂げる見通しだと指摘。
「株価収益率は15倍にすぎず、大手化学企業としては平均をさほど上回る水準でない。モンサントの29倍をはるかに下回っている」としている。(引用:朝日新聞

米国は好景気ですね。デュポンは遅れて上昇しているのでしょうか。日本は米国株価に踊らされながらも着実に株価が下がってきてるというのに。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 地位確認求め労働審判
  2. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  3. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与…
  4. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  5. ナノチューブブラシ!?
  6. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  7. 富士写、化学材料を事業化
  8. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys無料トライアル実施中!
  2. 大村 智 Satoshi Omura
  3. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  4. 理系のための就活ガイド
  5. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  6. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  7. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  8. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  9. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  10. ワッカー酸化 Wacker oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP