[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン株、来年急上昇する可能性

米金融週刊紙バロンズ最新号は、米化学大手のデュポンの株価が今後1年間で15─20%上昇する可能性があるとのリポートを掲載した。同紙は、デュポンの5つの主要事業にはいずれも大きな成長の可能性があり、特に遺伝子組み換え作物の分野では記録的な成長を遂げる見通しだと指摘。
「株価収益率は15倍にすぎず、大手化学企業としては平均をさほど上回る水準でない。モンサントの29倍をはるかに下回っている」としている。(引用:朝日新聞

米国は好景気ですね。デュポンは遅れて上昇しているのでしょうか。日本は米国株価に踊らされながらも着実に株価が下がってきてるというのに。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  2. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  3. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  5. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  6. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  7. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料
  8. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. テトラサイクリン類の全合成
  2. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  3. エッフェル塔
  4. BASFとはどんな会社?-2
  5. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  6. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent
  7. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  8. 化学小説まとめ
  9. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  10. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP