[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin

[スポンサーリンク]

azadirachtin.gif

アザジラクチン(azadirachtin)は、インドセンダン(ニーム、Azadirachta india)の種子に存在する二次代謝産物です。

  • 歴史・用途

数多くの害虫に対して摂食阻害効果を示し、昆虫の成長を抑制します。アザジラクチンはミミズや肉食性益虫、哺乳動物に対してはほとんど毒性を示さずに、草食性害虫に選択的に効果を及ぼします。非常に優れた農薬[1]の一つです。

その構造的複雑さゆえ、数多くの合成化学者の興味を引いてきました。ごく最近、英ケンブリッジ大学のSteven.V.Leyらが22年の年月をかけて、化学合成を達成[2]しました。2007年に合成完了が報告された化合物の中では、疑いの余地なく最難関化合物であり、有機合成の極限領域に挑んだ研究といえるでしょう。

  • 参考文献
[1] Green Chemistry 2005, 7, 431.

[2] Veitch, G. E.; Beckmann, E.; Burke, B. J.; Boyer, A.; Maslen, S. L.; Ley, S. V. Angew. Chem. Int. Ed. 2007, Early View.  DOI: 10.1002/anie.200703027  

  • 関連リンク

殺虫剤 (Wikipedia日本)

農薬 (Wikipedia日本)

ピレスロイド (Wikipedia日本)

Insecticide (Wikipedia)

Pesticide (Wikipedia)

Azadirachtin (Wikipedia)

ニーム(インドセンダン)

アザジラクチン・22年目の陥落 (有機化学美術館・分館)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  2. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…
  3. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  4. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  5. ギンコライド ginkgolide
  6. アスパラプチン Asparaptine
  7. イベルメクチン /Ivermectin
  8. カプロラクタム (caprolactam)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  2. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis
  3. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  4. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  5. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!
  6. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  7. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  8. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  9. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  10. Cell Pressが化学のジャーナルを出版

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP