[スポンサーリンク]

ケムステニュース

肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会

[スポンサーリンク]

日本を含まない28カ国の大規模臨床試験で、延命効果が確認されなかった肺がん治療薬イレッサ(一般名ゲフィチニブ)について、厚生労働省の検討会(座長・松本和則国際医療福祉大教授)は20日の初会合で「現時点では使用を制限する必要はない」との見解をまとめた。
 東洋人を対象にした結果解析では生存期間の改善が示唆されていることが主な理由。

 検討会では、イレッサ投与との関連が疑われる国内の死亡者は、昨年12月28日現在で588人に上ることが報告された。

 こうした報告を基に検討会は、今回の解析結果を患者に説明し同意を得て使用することが重要とした上で、投与開始後4週間の入院や経験を積んだ医師の下での使用など、従来の安全対策の徹底を求めた。また、患者の遺伝子変異と効果、副作用の関連について研究を早急に進めるよう製造元のアストラゼネカに要求した。(引用:産経新聞)

 

分子標的薬のひとつであるイレッサ。多くの副作用も報告されているが、手遅れである状態から完全に癌が消えた例もあります。夢の薬はありません。このような副作用がひとつでもなくなるため多くの研究を望みます。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  2. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  3. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  4. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  5. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  6. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  7. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  8. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  2. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  4. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  5. カセロネス鉱山
  6. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  7. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  8. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  9. 大学入試のあれこれ ②
  10. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP