[スポンサーリンク]

ケムステニュース

トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

総合化学のトクヤマ(周南市)は、新エネルギーとして注目されている燃料電池用の部材市場に参入する。携帯電話やパソコンなどの電源として期待される「直接メタノール形燃料電池」(DMFC)と呼ばれる中枢部材について、発電効率の課題であるメタノールの高濃度化に成功した。家電や自動車メーカー向けに06年から商業生産を始め、40~50億円の売り上げを目指すという。燃料電池は、燃料の水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を取り出す。発電時の副生成物は水と熱だけで、環境への負担が少ないうえ、エネルギー効率が高いとして各国で開発競争が加速している。

製造手法は複数あるが、DMFCは携帯端末分野での採用が期待されている。だが、電池の中枢部材として開発が先行しているフッ素系膜は、メタノールが染み出して発電効率を下げてしまうことが課題になってきた。

トクヤマは、自社の製塩用の電気透析技術を駆使。炭化水素系材料のイオン交換膜を使って、メタノールの透過性を10分の1に抑えた、としている。(引用:朝日新聞 山口

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  2. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  3. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  4. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  5. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  6. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. ねじれがあるアミド
  8. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  2. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  3. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  4. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム
  5. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  6. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  7. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  8. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  9. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  10. 天然にある中間体から多様な医薬候補を創り出す

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP