[スポンサーリンク]

ケムステニュース

トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

[スポンサーリンク]

総合化学のトクヤマ(周南市)は、新エネルギーとして注目されている燃料電池用の部材市場に参入する。携帯電話やパソコンなどの電源として期待される「直接メタノール形燃料電池」(DMFC)と呼ばれる中枢部材について、発電効率の課題であるメタノールの高濃度化に成功した。家電や自動車メーカー向けに06年から商業生産を始め、40~50億円の売り上げを目指すという。燃料電池は、燃料の水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を取り出す。発電時の副生成物は水と熱だけで、環境への負担が少ないうえ、エネルギー効率が高いとして各国で開発競争が加速している。

製造手法は複数あるが、DMFCは携帯端末分野での採用が期待されている。だが、電池の中枢部材として開発が先行しているフッ素系膜は、メタノールが染み出して発電効率を下げてしまうことが課題になってきた。

トクヤマは、自社の製塩用の電気透析技術を駆使。炭化水素系材料のイオン交換膜を使って、メタノールの透過性を10分の1に抑えた、としている。(引用:朝日新聞 山口

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  2. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  3. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウ…
  4. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  5. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  6. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  7. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  8. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  2. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  3. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  4. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  5. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  6. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  7. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  8. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  9. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  10. 学術論文を書くときは句動詞に注意

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

橘 熊野 Yuya Tachibana

橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

トンネル効果が支配する有機化学反応

ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

沼田 圭司 Keiji Numata

沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP