[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第32回生体分子科学討論会 

六甲ホール第32回生体分子科学討論会

 


共催:日本化学会、日本生化学会、日本生物物理学会、日本分光学会、日本薬学会
協賛:日本分子生物学会、日本農芸化学会、日本結晶学会
日時:平成17年6月24日(金)、25日(土)
場所:神戸大学 六甲ホール(写真:生体分子科学討論会HP

 

特別講演講演者(敬称略):
稲葉謙次 (京都大学 ウイルス研究所)
樋口芳樹 (兵庫県立大学大学院 生命理学研究科)
三室守 (京都大学大学院 人間環境学研究科)
宮田真人 (大阪市立大学大学院 理学研究科)

 

参加登録費:一般4,000円(当日5,000円)、学生2,500円(当日4,000円) ※講演要旨集代を含む
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. CAS番号の登録が1億個突破!
  2. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  3. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  4. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  5. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  6. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  7. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  8. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  2. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  3. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  4. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  5. 2009年10大分子発表!
  6. ニュースタッフ追加
  7. ジョージ・チャーチ George M. Church
  8. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  9. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  10. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP