[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第32回生体分子科学討論会 

六甲ホール第32回生体分子科学討論会

 


共催:日本化学会、日本生化学会、日本生物物理学会、日本分光学会、日本薬学会
協賛:日本分子生物学会、日本農芸化学会、日本結晶学会
日時:平成17年6月24日(金)、25日(土)
場所:神戸大学 六甲ホール(写真:生体分子科学討論会HP

 

特別講演講演者(敬称略):
稲葉謙次 (京都大学 ウイルス研究所)
樋口芳樹 (兵庫県立大学大学院 生命理学研究科)
三室守 (京都大学大学院 人間環境学研究科)
宮田真人 (大阪市立大学大学院 理学研究科)

 

参加登録費:一般4,000円(当日5,000円)、学生2,500円(当日4,000円) ※講演要旨集代を含む
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  2. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  3. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  4. 2016年化学10大ニュース
  5. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  6. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  7. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  8. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 史跡 佐渡金山
  2. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  3. アミンの新合成法2
  4. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  5. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  6. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  7. 研究者へのインタビュー
  8. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  9. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  10. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis Pair

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP