[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-

[スポンサーリンク]

第二回はニューオリンズ大学のBruce Gibb教授です。
Gibb教授は超分子化学を研究しており、水溶液中で新しい、または異常な性質を発現する分子システムの構築に取り組んでいます。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私はいつも科学に魅力を感じていた。科学の裏には深淵と本質がある。そして最もビール任せなものさ。ブログじゃなくてね。 なぜ化学を選んだかについてだけど、おそらくは化学が変化をもたらす力を持ちつつも、現場の実感がわくものだったからだと思う。 例えば核物理学。原子を加工できるけど、大学生にとってはそこまで実感がわくものではないよね。放射活性種の崩壊を”見ている”ことを除いては。 私にとってこれはやや今ひとつで、残念なことだったよ。そう、年を経るに助産婦ではなく看護婦になっているかのようで。 その一方で、化学の研究室に入れば実際にものをつくることができた。AをBに変換し、色の変化を眺め、変化を他に幾つも測定する・・・これはすごい! 化学の中でも、私は特に有機化学にひきつけられた。反応機構の美しさや神々しさがあったから。有機分子を描く幾何的方法、電子の”流れ”のダイナミズム―ともに美的な魅力があった。 無数に行き来できる可能な反応経路、機構的な行き止まり、各段階における可逆性や不可逆性・・・本当に素晴らしい言語じゃないか。 おそらくは必然なんだろうけど、新しくできた研究領域のシステム化学(と生物学)も魅力的だと思うね。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

それは簡単だ。気象学者だよ。 気象系のダイナミズムと複雑さに、私はとても魅力を感じている。しかしそれ以上に、気象現象のスケールというものは神々しく、我々に謙虚さな気持ちを思い出させてくれる。特に激しい気象ほどそうだ。 2005年8月29日にやってきたハリケーンのカトリーナ(ニューオリンズの人々ならそれぞれに体験があるだろう)は、上陸するまでの5時間のあいだに、54兆ワットものエネルギーを放出したという話だよ。そんな量のエネルギーなんで、本当に感じるところが大きかった。

200px-Hurricane_Katrina_August_28_2005_NASA

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

すべての人々同様、化学者は良識的でありつつ積極的であることで、最もよく貢献できる。 我々は皆、短期的なことと同じぐらい長期的なことを重く見るよう努めるべきだろう。 道がよくわからないときはゆっくり歩み、これは行けると思えば勇気を持って行動する。 これらはすべて健全たる倫理の枠組みに収まるものだよ。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

私は因習というものを破壊したく思うようなところがあるので、心から会いたいと思う歴史上の人物などはいないね。加えて、歴史というものは精神的高揚もしくは悪魔化をもたらすことによってパーソナリティを歪める傾向がある。そして得てして期待を裏切るものだ。 優れた教育を受けた未来人とすぐにでも会える、となればそれは別の話。人類が行う実験がどうなっているのか尋ねることは、美味しいチキン・サーグ以上に、とても魅力的だろうね。

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

最後にラボで実験をしたとき・・・その直後に私のグループのメンバーが、くだらない質問をあまりにたくさんするので面食らったんだね。丸底フラスコはどこですか、だって? 残念なことだが、私が研究室の地理を無視してきたことが、質より量に過剰な重きをおく傾向を強める根源となっているようだ。考えるに、量というものは定義が容易なのだね。豆を数えるだけのようなことに、皆が全幅の信頼を寄せている。 我々は皆、当然ながら質を追い求めて最大限の努力をしている。しかし往々にして論文数だとかグラントの額などの話になってしまっている・・・そんなことばかりだ。そんなものは科学者のモノサシ(また小切手の額面)でしかない。

同世代(私は41歳)の人々と同じく、私は管理的な細々したことを取り扱っているし、論文を出せとプレッシャーもかける、その上マネージメントにも心を砕いている。もしデッキをすこしばかり綺麗にして、ラボで時間を過ごせれば、よりよい教師たりえ、もっと良いアイデアが得られるのだろうか?―それは全くその通りだね。そうであれば、きっともっと楽しくもなるだろうね。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

もしCDとCDプレイヤーを島に持って行ってよいというなら、私はその代わりにDVDとDVDプレイヤーに交換したい。私は音楽愛好家というよりは映画マニアなんでね。それがチャチャっとできるなら、ポール・トーマス・アンダーソンの”マグノリア”を持って行きたいね。あまり評判が良くなかったそうで悲しいけど、あれは魅力あふれる芸術作品で、美しいシーンや素晴らしいクオリティたる役者たちの宝庫なんだ。 もし二つめのディスクを入れても良いなら(たいていは一つ以上のディスクを入れられるよう設計されてるものだよね)、デヴィッド・リーンの”ローレンス・オブ・アラビア”を持って行くね。傑作だよ! しっかりしたストーリ立て、深淵でたまに得体のしれないキャラクターが映像的・音楽的に完璧なフレーム構成にて収められている。彼らはかつての彼らとは全く違うものたろうとしている。 本に関してだけど、私が本当に没頭したものをきっと選ぶだろうね。例えばシェイクスピアの完全な作品。 読んで楽しめるような本(政治的・科学的・生態学的・経済的なものなんかが現在の関心だけど)は、島で取り残されてという条件からは少しかけ離れてしまうように感じている。 その条件でと言うなら、シェイクスピアの本をサバイバルハンドブックと交換すべきかも知れないね?

 
原文:Rections – Bruce Gibb
※このインタビューは2007年5月2日に公開されたものです

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  2. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  3. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Ga…
  4. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーシ…
  5. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Gr…
  6. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教…
  7. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  8. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました
  2. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法
  3. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  4. 第29回光学活性化合物シンポジウム
  5. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  6. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  7. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  8. ケムステタイムトラベル2010 ~今こそ昔の記事を見てみよう~
  9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  10. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP