[スポンサーリンク]

医薬品

モルヒネ morphine

[スポンサーリンク]

モルヒネ(morphine)は、アヘンに含まれるアルカロイドの一種です。

歴史・用途

1803年に独化学者Friedrich Serturnerが単離に成功。ギリシア神話の夢の神MorpheusにちなんでMorphineと名付けられました。近年では末期ガンの疼痛緩和目的で使用されることが多く、患者の増加もあり、ますます使用頻度の高まっている医薬品です。

一方で、強い耽溺性・依存性があることでも知られており、麻薬に指定されています。モルヒネのジアセチル体はさらに依存性が強く、ヘロインと呼ばれる有名な麻薬になります。日本国内では所持・製造・使用の一切が法律で禁じられています。

分子構造

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サラシノール/Salacinol
  2. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  3. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  4. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  5. 白リン / white phosphorus
  6. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  7. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Prot…
  8. ノビリシチンA Nobilisitine A

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  2. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement
  3. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  4. ダウとデュポンの統合に関する小話
  5. レーン 超分子化学
  6. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  7. 遠藤守信 Morinobu Endo
  8. ブラン環化 Blanc Cyclization
  9. 化学探偵Mr.キュリー6
  10. メタンハイドレートの化学

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

【基礎からわかる/マイクロ波化学(株)ウェビナー】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験動画、実証設備、安全対策を公開〜

<内容>実験室では広く使われ、論文では興味を引く事例を目にすることが多いマイクロ波。興味…

配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換

第315回のスポットライトリサーチは、立教大学理学部・新堀佳紀 助教にお願いしました。近年エ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP