[スポンサーリンク]

chemglossary

試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment

 

(画像:http://www.creative-biogene.com/)

SELEX法(Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment)とは特定の分子標的に強く結合する核酸アプタマーを見いだすための手法。1990年代に確立された[1][2]。抗体などと異なり生物を使用せず、試験管内で標的化合物を取得できることから試験管内選択法(in vitro selection)とも言う。

ランダム配列を持つ核酸ライブラリーを調製し選別した上でPCR法で増幅し、結合強度の高いものだけを濃縮した次世代ライブラリーを得る。これを繰り返すことで最も強く結合する核酸配列を同定することができる。

現在では自動化が進んでおり、非常に効率よくアプタマーを見いだすことが可能となっている。

 

  • 関連文献

[1] (a) “Systematic evolution of ligands by exponential enrichment: RNA ligands to bacteriophage T4 DNA polymerase”

Tuerk, C.; Gold, L. Science 1990, 249, 505. DOI:10.1126/science.2200121

High-affinity nucleic acid ligands for a protein were isolated by a procedure that depends on alternate cycles of ligand selection from pools of variant sequences and amplification of the bound species. Multiple rounds exponentially enrich the population for the highest affinity species that can be clonally isolated and characterized. In particular one eight-base region of an RNA that interacts with the T4 DNA polymerase was chosen and randomized. Two different sequences were selected by this procedure from the calculated pool of 65,536 species. One is the wild-type sequence found in the bacteriophage mRNA; one is varied from wild type at four positions. The binding constants of these two RNA’s to T4 DNA polymerase are equivalent. These protocols with minimal modification can yield high-affinity ligands for any protein that binds nucleic acids as part of its function; high-affinity ligands could conceivably be developed for any target molecule.

(b) “In vitro selection of RNA molecules that bind specific ligands”

Ellington, A. D.; Szostak, J. W. Nature?1990, 346, 818. doi:10.1038/346818a0

Subpopulations of RNA molecules that bind specifically to a variety of organic dyes have been isolated from a population of random sequence RNA molecules. Roughly one in 1010 random sequence RNA molecules folds in such a way as to create a specific binding site for small ligands.

[2] review:”SELEX—A (r)evolutionary method to generate high-affinity nucleic acid ligands”

Stoltenburg, R.; Reinemann, C.; Strehlitz, B. Biomol. Eng. 2007, 24, 381. doi:10.1016/j.bioeng.2007.06.001

SELEX stands for systematic evolution of ligands by exponential enrichment. This method, described primarily in 1990 [Ellington, A.D., Szostak, J.W., 1990. In vitro selection of RNA molecules that bind specific ligands. Nature 346, 818–822; Tuerk, C., Gold, L., 1990. Systematic evolution of ligands by exponential enrichment: RNA ligands to bacteriophage T4 DNA polymerase. Science 249, 505–510] aims at the development of aptamers, which are oligonucleotides (RNA or ssDNA) binding to their target with high selectivity and sensitivity because of their three-dimensional shape. Aptamers are all new ligands with a high affinity for considerably differing molecules ranging from large targets as proteins over peptides, complex molecules to drugs and organic small molecules or even metal ions. Aptamers are widely used, including medical and pharmaceutical basic research, drug development, diagnosis, and therapy. Analytical and separation tools bearing aptamers as molecular recognition and binding elements are another big field of application. Moreover, aptamers are used for the investigation of binding phenomena in proteomics. The SELEX method was modified over the years in different ways to become more efficient and less time consuming, to reach higher affinities of the aptamers selected and for automation of the process. This review is focused on the development of aptamers by use of SELEX and gives an overview about technologies, advantages, limitations, and applications of aptamers.

 

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク


SELEX法

Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment – Wikipedia

アプタマー – Wikipedia

Aptamer – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction…
  2. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski…
  3. Imaging MS イメージングマス
  4. ポリメラーゼ連鎖反応 ぽりめらーぜれんさはんのう polymer…
  5. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromato…
  6. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenc…
  7. 水分解 water-splitting
  8. 材料適合性 Material compatibility

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  2. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  3. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  4. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2
  5. ベン・シェンBen Shen
  6. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  7. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  8. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】
  9. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州
  10. 書物から学ぶ有機化学4

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP