[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

スチュアート・L・シュライバー (Stuart L. Schreiber, 1956年2月6日-)は、アメリカの有機化学者である。ハーバード大学教授(写真:HHMI)。

「ケミカルバイオロジー」 という一大分野を築きあげた功績によってノーベル賞候補の呼び声も高い、世界を代表する化学者の一人。

経歴

ハーバード大学の学生としてR.B.Woodwardおよび岸義人に師事する。1980年にイェール大学にポストを得る。現在ハーバード大学教授。

1977 バージニア大学 卒業 (R. J. Sundberg教授)
1981 ハーバード大学 博士号取得 (R.B.Woodwardおよび岸義人教授)
1981 イェール大学 助教
1984 イェール大学 准教授
1986 イェール大学 教授
1988 ハーバード大学 教授
1994 Howard Hughes Medical Institute研究員

 

 受賞歴

1981 Dreyfus Newly Appointed Faculty Award
1982 Searle Scholar
1985 Dreyfus Teacher-Scholar Award
1985 Fellow of the Alfred P. Sloan Foundation,
1985 NSF Presidential Young Investigator Award
1986 ICI Pharmaceuticals Award for Excellence in Chemistry
1986 Arthur C. Cope Scholar Award
1989 ACS Award in Pure Chemistry
1990 Arun Guthikonda Memorial Award
1992 Thieme-IUPAC Award in Synthetic Organic Chemistry
1992 NIH Merit Award
1992 RSC Rhone-Poulenc Silver Medal
1994 ACS Award for Creative Work in Synthetic Chemistry
1996 Elected to the National Academy of Sciences and the American Academy of Arts & Sciences
1997 Tetrahedron Prize for Creativity in Organic Chemistry
1998 Thomas T. Hoopes Prize
1999 Derek Barton Medal
1999 National Cancer Institute Director’s Service Award, 1999;
2000 Alfred Bader Award in Bioorganic and Bioinorganic Chemistry, ACS
2000 Emmanuel Merck Award
2000 Donald T. Reynolds Foundation Cardiology Scholar
2001 William H. Nichols Medal
2001 Chiron Corporation Biotechnology Research Award, American Academy of Microbiology
2002 Holiday Lectures on Science
2003 NIH Director’s recognition of ChemBank
2004 Society for Biomolecular Screening Achievement Award
2004 Association of American Cancer Institutes (AACI) Distinguished Scientist Award
2005 Academic Scientist of the Year, Finalist for the 2005 Pharmaceutical Achievement Awards
2006 Thomson Laureate Award: Chemistry,(with Gerald R. Crabtree)
2007 U.S. Cancer Foundation Award of Distinguished Scientist
2007 Charles Butcher Award in Genomics and Biotechnology
2010 Wheland Medal, University of Chicago
2010 AACR Award for Outstanding Achievement in Chemistry in Cancer Research
2016 Nagoya Medal
2016 Wolf Prize

 

 研究

光環化反応を用いる立体選択的合成法開発が初期の研究テーマである。

その後、免疫抑制剤FK506(タクロリムス)の化学合成を達成した。シュライバーが同時代の合成研究者と一線を画していたのは、合成品を生体分子のプローブとして利用できると考えた点にあった。すなわち、FK506合成品を担持させたアフィニティカラムクロマトグラフィを作成、これを用いてFK506結合タンパクの単離に成功している。また、単離したタンパク質とラベル化FK506を結合させて結合様式を観測するなど、単なる化学合成研究にとどまらない展開が当時からの特徴である。

Tacrolimus.gif

さらにシュライバーはスタンフォード大・クラブトリーらと共同で「Small-Molecule Dimerizer」を開発し、 有機小分子が特定のシグナル過程を活性化できることを証明した。有機小分子がタンパク質など巨大分子のプローブ(probe:標識化合物)となり、それらの振る舞いをもコントロールしうることを実験的に証明した点は高く評価されており、ノーベル賞候補としての呼び声も高い。

 

シュライバーはこれら一連の研究に基づき、有機化学的手法と分子生物学的手法を組み合わせ、生命現象を分子レベルで理解しようとする、ケミカルバイオロジー(Chemical Biology)という研究領域を提唱する。現在では世界各国の研究者が参加する一大学際的研究領域となっている。

 

また近年では、コンビナトリアル的手法の探索領域を合理的に拡大しうるストラテジー、多様性指向型合成法(Diversity-Oriented Synthesis:DOS)を提唱[2]し、本戦略に基づくライブラリ構築を進めている。DOSは共通中間体から基本骨格ベースの多様性を生み出す戦略であり、官能基ベースの多様性導入ではアプローチの難しい、革新性の高い医薬リード・バイオプローブ化合物も探索可能にしうる方法論として大きな注目を集めている。

 

コメント&その他

  1. 400以上の論文を発表。ハーシュ指数は109.
  2. 世界で活躍する有機合成化学者を多数輩出している。たとえばTim Jamison(MIT)、Amir Hoveyda (Boston College)、Glenn Micalizio (Scripps Florida)、James Morken (Boston College)、Marc Snapper (Boston College)、John A. Porco Jr.(Boston)などなど。

 

名言集

 

関連動画

 

関連論文

  1. a) J. Liu; J. D. Farmer; W. S. Lane; J. Friedman; I. Weissman; Stuart L. Schreiber, Cell 1991, 66, 807. b) S. L. Schreiber; G. Crabtree Harvey Society Lectures 1997, 89, 373.
  2.  S. L. Schreiber et al. Science 2000, 287, 1964. DOI:10.1126/science.287.5460.1964

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  2. 天野 浩 Hiroshi Amano
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. 野依 良治 Ryoji Noyori
  5. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  6. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  7. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  8. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  2. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  3. クレアチン creatine 
  4. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  5. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  6. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  7. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  8. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  9. Akzonobelとはどんな会社? 
  10. 同位体効果の解釈にはご注意を!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP