[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野依賞―受賞者一覧

 

野依賞(Ryoji Noyori Prize)とは、野依良治教授の2001年ノーベル化学賞受賞および有機合成化学協会設立60周年を記念して設立された国際賞である。有機合成、とくに不斉合成領域において傑出した業績を上げた化学者に授与される。高砂香料工業がスポンサーとなっている(写真:高砂香料工業)。

 

2002年設立以来の受賞者は以下の通り。

2002 Henri B. Kagan
2003 Gilbert Stork
2004 Dieter Seebach
2005 香月 勗
2006 David A. Evans
2007 林 民生
2008 Andreas Pfaltz
2009 岡本佳男
2010 Eric N. Jacobsen
2011 山本 尚
2012 柴崎正勝
2013 Barry M. Trost

2014 Dieter Enders
2015 Larry E Overman
2016 丸岡 啓二

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  2. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  3. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  4. 森田浩介 Kosuke Morita
  5. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  6. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  7. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  8. 日本学士院賞・受賞化学者一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  2. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  3. 水素社会~アンモニアボラン~
  4. ついに成功した人工光合成
  5. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  6. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  7. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  8. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
  9. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  10. スコット・ミラー Scott J. Miller

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP