[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野依賞―受賞者一覧

 

野依賞(Ryoji Noyori Prize)とは、野依良治教授の2001年ノーベル化学賞受賞および有機合成化学協会設立60周年を記念して設立された国際賞である。有機合成、とくに不斉合成領域において傑出した業績を上げた化学者に授与される。高砂香料工業がスポンサーとなっている(写真:高砂香料工業)。

 

2002年設立以来の受賞者は以下の通り。

2002 Henri B. Kagan
2003 Gilbert Stork
2004 Dieter Seebach
2005 香月 勗
2006 David A. Evans
2007 林 民生
2008 Andreas Pfaltz
2009 岡本佳男
2010 Eric N. Jacobsen
2011 山本 尚
2012 柴崎正勝
2013 Barry M. Trost

2014 Dieter Enders
2015 Larry E Overman
2016 丸岡 啓二

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 遠藤守信 Morinobu Endo
  2. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  3. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  4. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  5. 村井 眞二 Shinji Murai
  6. Corey系譜β版
  7. 真島利行系譜
  8. 岡本佳男 Yoshio Okamoto

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者/研究力
  2. アルキンから環状ポリマーをつくる
  3. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  4. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  5. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  6. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  7. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  8. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  9. YMC研究奨励金当選者の声
  10. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP