[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野依賞―受賞者一覧

 

野依賞(Ryoji Noyori Prize)とは、野依良治教授の2001年ノーベル化学賞受賞および有機合成化学協会設立60周年を記念して設立された国際賞である。有機合成、とくに不斉合成領域において傑出した業績を上げた化学者に授与される。高砂香料工業がスポンサーとなっている(写真:高砂香料工業)。

 

2002年設立以来の受賞者は以下の通り。

2002 Henri B. Kagan
2003 Gilbert Stork
2004 Dieter Seebach
2005 香月 勗
2006 David A. Evans
2007 林 民生
2008 Andreas Pfaltz
2009 岡本佳男
2010 Eric N. Jacobsen
2011 山本 尚
2012 柴崎正勝
2013 Barry M. Trost

2014 Dieter Enders
2015 Larry_E_Overman

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  2. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  3. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  4. 遠藤守信 Morinobu Endo
  5. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  6. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  7. 小林 修 Shu Kobayashi
  8. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsa…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  2. 天然物界70年の謎に終止符
  3. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  4. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  5. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  6. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  7. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  8. 化学物質でiPS細胞を作る
  9. MNBA脱水縮合剤
  10. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ハイフン(-)の使い方

ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいく…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP