[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンリ・カガン Henri B. Kagan

 

アンリ・B・カガン(Henri B. Kagan、1930年xx月xx日-)は、フランスの有機化学者である(写真:The Flanklin Institute)。パリ第11大学名誉教授。

経歴

19xx ソルボンヌ大学 卒業
1960 コレージュ・ド・フランス 博士号取得
1960 コレージュ・ド・フランス 博士研究員
19xx パリ第11大学

 

受賞歴

2001 ウルフ賞
2005 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

均一系不斉触媒開発の研究領域におけるパイオニアの一人。

 

二座不斉リン配位子DIOPの開発

 

DIOPの開発・適用により、二座配位型キラル配位子の実効性が示されたと言っても過言ではない。研究領域の黎明期における重要研究の一つである。

 

DIOP.gif

 

不斉触媒反応における非線形現象の発見および理論解析

 

光学純度の低い不斉触媒を用いて反応を行ったときに、生成物がもとの促進剤よりも光学純度高く得られることがある。これを不斉触媒反応における正の非線形効果(positive non-linear effect)と呼ぶ。逆の場合には負の非線形効果(negative non-linear effect)と呼ばれる。
この非線形効果の測定によって、触媒活性の異なる多量体(オリゴマー)の存在が示唆されうる。反応機構解析において重要な知見となる。勿論、実用性面でも有効性が高い重要概念である。Kaganは実験・理論両面からのアプローチにより、この概念を確立せしめた。

 

低原子価サマリウムを用いる有機合成反応の開発

 

kagan_molander.gif

Kagan-Molanderカップリング

 

コメント&その他

  1. かなりの有力候補と見なされていたにも関わらず、触媒的不斉合成法の開発に対し授与された2001年ノーベル賞において、惜しくも選から漏れてしまいました。

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  2. トーマス・トーレス Tomas Torres
  3. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  4. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  5. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  6. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  7. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  8. F. S. Kipping賞―受賞者一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 世界の中心で成果を叫んだもの
  2. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  3. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  4. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  6. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  7. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より
  8. リッター反応 Ritter Reaction
  9. クロスカップリング反応関連書籍
  10. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP