[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ギルバート・ストーク Gilbert Stork

 

ギルバート・ストーク(Gilbert Stork、1921年12月31日-)は、アメリカの有機化学者である。米コロンビア大学名誉教授(写真:東京大学理学研究科)。

経歴

1921年ベルギーのブリュッセルに生まれる。

1942 フロリダ大学 卒業
1945 ウィスコンシン・マディソン大学 博士号取得 (Samuel M. McElvain教授)
1946-1948  ハーバード大学 インストラクター
1948-1953  ハーバード大学 講師
1953-1955  コロンビア大学 助教授
1955-1967  コロンビア大学 教授
1967-1993 コロンビア大学 ユージーン・ヒンギス教授
1993-   コロンビア大学 名誉教授

 

受賞歴

1957 ACS Award in Pure Chemistry
1959 Guggenheim Foundation Fellow
1961 Baekeland Medal
1962 Harrison Howe Award
1966 Edward Curtis Franklin Memorial Award
1967 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
1971 Synthetic Organic Chemical Manufactures Association Gold Medal
1973 Nebraska Award
1978 Roussel Prize
1980 Nichols Medal,
1980 アーサー・C・コープ賞
1982 Edgar Fahs Smith Award
1982 Willard Gibbs Medal
1982 National Academy of Sciences Award in Chemical Sciences
1983 National Medal of Science
1983 Pauling Award
1985 Tetrahedron Prize
1986 Remsen Award
1986 Cliff S. Hamilton Award
1987 Monie A Ferst Award and Medal
1991 ロジャー・アダムス賞
1992 George Kenner Award
1992 Robert Robinson Lectureship
1992 Chemical Pioneer Award
1993 ウェルチ化学賞
1994 Allan R. Day Award
1995 ウルフ賞
2002 D. H. Barton Medal
2003 野依賞

 

研究概要

エナミンを用いる有機合成法の開拓

1954年にはじめてエナミンとハロゲン化アルキルからアルキル化されたケトンを合成し、現在ではStorkのエナミン合成として知られている[1]

n-on-13.gif

エノラートの化学

エノラートの単離からはじまり、ケイ素試薬の合成化学的な利用を促した。

1. シリルエーテルの合成[2]

エノラートをTBS基で補足しトラップしケトンからシリルエーテルを合成、その後MeLiと反応させることでリチウムエノラートを生成

2. Stork-Danheiser 合成 [3]

3. Stork-Ganem試薬[4]

4. Stork-Colvin試薬[5]

 

キニーネの立体選択的合成

ウッドワードの合成以来手つかずであったキニーネの立体選択的合成を世界で初めて成功させた。[6]

mol_quinine_1.gif

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

  1. (a) Stork, G.; Terrell, R.; Szmuszkovicz, J. J. Am. Chem. Soc. 1954, 76, 2029. DOI: 10.1021/ja01636a103 (b) Stork, G.; Landesman, H. J. Am. Chem. Soc. 195678, 5128. DOI: 10.1021/ja01600a087 (c) Stork, G.; Brizzolara, A.; Landesman, H.; Szmuszkovics, J.; Terrell, R. J. Am. Chem. Soc. 196385, 207. DOI: 10.1021/ja00885a021
  2. (a) Stork, G.; Hudrlik, P. F. J. Am. Chem. Soc. 1968. 90, 4462. DOI: 10.1021/ja01018a051 (b) Stork, G.; Hudrlik, P. F. J. Am. Chem. Soc. 196890, 4464. DOI: 10.1021/ja01018a052
  3. Stork, G.; Danheiser, R. L. J. Org. Chem. 1973, 38, 1775. DOI: 10.1021/jo00949a048
  4. Stork, G.; Ganem, B. J. Am. Chem. Soc. 1973, 95, 6152. DOI: 10.1021/ja00799a072
  5. Stork, G.; Jung, M. E. J. Am. Chem. Soc. 1974, 96, 3682. DOI: 10.1021/ja00818a070
  6. Stork, G.; Niu, D.; Fujimoto, A.; Koft, E. R.; Balkovec, J. M.; Tata, J. R.; Dake, G. R. J Am Chem Soc 2001, 123, 3239. DOI: 10.1021/ja004325r

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  2. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  3. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  4. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  5. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  6. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  7. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  8. リチャード・シュロック Richard R.Schrock

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  2. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  3. iphone用サイトを作成
  4. ピセン:Picene
  5. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  6. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  7. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  8. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  9. オープンアクセス論文が半数突破か
  10. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP