[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒

[スポンサーリンク]

ダイキン工業は1日、エアコン用冷媒「HFC(ハイドロフルオロカーボン)32」の特許を外部に無償開放すると発表した。同社が2011年以降に申請した特許について、空調メーカーはダイキンと契約を結ばずに使える。代替フロン(HFC)の中でも環境負荷の小さいHFC32の普及を促すことで、過度な規制が今後設けられることをけん制する狙いがある。 (引用:日本経済新聞7月5日)

エアコンや冷蔵庫に使われている冷媒は、かつてオゾン層を破壊するクロロフルオロカーボンが使われていました。現在はオゾン層は破壊しないハイドロフルオロカーボン(HFC)が使われていますが、依然として地球温暖化係数(GWP)は高いという問題があります。地球温暖化係数を下げるには、分子中のフッ素原子を少なくしてある程度、水素原子で置換すれば良いのですが、その分可燃性が高くなり扱いが難しくなります。そこで現在は下記のHFCが冷媒として使用されています。

冷媒としての性能、低い可燃性、低いGWPすべての要求を満たすために、冷媒を混合する方法があり、R407CやR410Aはそれに該当します。しかし、混合冷媒をエアコンに入れる場合、液体で移送しなくてはならず、またGWPも依然として1000を超えています。そこでダイキンは、単組成でGWPが低いものの微燃性があるR32を安全に冷媒として使えるような機器の開発を進め、2012年に世界で初めてR32を使用した家庭用空調機を発売しました。

R32を冷媒としたダイキンのエアコン、現在では代金の全機種にR32が使われている。

背景の説明が長くなりましたが、ダイキンはこのR32の使用を促進するために保有している特許を外部に無償開放することを発表しました。つまり、他社が公開した特許に抵触する技術を使ってもダイキンは侵害を訴えないと宣言したことになります。2011年からは途上国限定で、2015年からは全世界で無償開放しましたが、個別契約が必要で、交渉に1年以上かかることもありました。しかし今回の発表では事前にダイキンに使用の許可を取る必要もなく、この宣言を将来にわたって撤回することもないとしています。該当する特許はこちらに掲載されていて、日本語の特許をざっと見たところ空調機器のハードウエアに関する特許がほとんどでした。ダイキンのプレスリリースを解釈すると、該当する特許技術が自由に使えるわけではなくR32単体冷媒を用いた空調機の製造や販売では特許の権利を行使しないということであり、他の冷媒を使った場合には、特許の権利を行使するようです。またダイキンがR32単体を使った機器を使用する際に、他社が特許侵害を訴えた場合には、この宣言を撤回するとしています。また、R32単体と限定しているため、混合冷媒については無償開放の対象外のようです。ダイキンとしてもより良い混合冷媒の開発を続けていて、特定の混合比の冷媒は積極的に特許(例えば、特開2019-64932)でプロテクトしているように見えます。

冒頭でも紹介しましたが、HFCでも一定のGWPがあるため、今年からHFCも段階的に排出を抑える必要があります。GWPが高いHFCの需要が続くとHFCそのものの規制が強まる恐れがあるため、ダイキンとしてはHFCの中でもGWPが低いR32が広く普及し過度なHFCに対する規制が今後設けられることをけん制する狙いがあるようです。ダイキンは空調機器とHFCどちらも販売しているため、特許の無償開放で自社の空調機器の売り上げが落ちてもHFCの売り上げが増えるメリットはあるように思えます。ただし空調機器の売り上げのほうが化学品のよりも10倍多いのでビジネスインパクトはわかりませんが、なにより規制でHFCとそれを使った空調機器がまったく売れなくなってしまう将来を危惧した判断があったのではと思います。

ダイキン工業株式会社の売り上げ(出典:2019年3月期決算短信

冷蔵庫などは、フッ素を使わない冷媒に切り替わっていますが、空調機器は冷蔵機器に比べてパワーが必要でハイドロフルオロカーボンの冷媒が必要なようです。カーエアコンにはR1234yfと呼ばれる、ハイドロフルオロオレフィン(HFO)が使われ始めています。GWPはR32よりもとても低く1ですが、微燃性と高価であることがネックとなっています。そのため当面はダイキンが目指すように、ハードウエアで安全性を高めてGWPがそこそこなR32を使うのが現実的ではないかと思います。

R1234yf(2,3,3,3‐テトラフルオロプロペン)

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  2. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  3. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  4. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  5. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレ…
  6. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  7. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  8. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【追悼企画】不斉酸化反応のフロンティアー香月 勗
  2. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  3. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis
  4. カイニン酸 kainic acid
  5. 第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」
  6. C-H酸化反応の開発
  7. 材料適合性 Material compatibility
  8. 塩にまつわるよもやま話
  9. アロタケタールの全合成
  10. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,6-Triisopropylbenzenesulfonyl Chloride

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP