[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

Mukaiyama Award―受賞者一覧

[スポンサーリンク]

Mukaiyama Awardは、向山光昭教授の喜寿および米国科学アカデミー外国人会員選出を記念して2004年に設立された国際賞。有機合成化学領域において斬新な方法論を打ち出した、45歳以下の若手研究者に授与される。賞金は$5,000。

設立以来の受賞者一覧は以下の通り。

2005 Alois Furstner
2006 Gregory C. Fu、杉野目道紀
2007 David W. C. MacMillan、谷野圭持
2008 John F. Hartwig、野崎京子
2009 Justin Du Bois、石原一彰
2010 Micheal J. Krische、寺田眞浩
2011 Dean Toste, 垣内史敏
2012 Jin-Quan Yu、田中健
2013 Benjamin List、伊丹健一郎
2014 Phil S. Baran井上将行
2015 Brian M. Stoltz、山口茂弘
2016 M. Christina White、依光英樹
2017 Frank Glorius、中尾 佳亮
2018 Jeffrey W. Bode、鳶巣守
2019 Richmond Sarpong 千葉俊介
2020 Martin D. Burke 松永茂樹

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  2. 硤合 憲三 Kenso Soai
  3. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  4. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  5. 北原武 Takeshi Kitahara
  6. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  8. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  2. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  3. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  4. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  5. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  6. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  7. 日本酸素記念館
  8. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成
  9. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  10. 岡大教授が米国化学会賞受賞

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP