[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

Mukaiyama Award―受賞者一覧

[スポンサーリンク]

Mukaiyama Awardは、向山光昭教授の喜寿および米国科学アカデミー外国人会員選出を記念して2004年に設立された国際賞。有機合成化学領域において斬新な方法論を打ち出した、45歳以下の若手研究者に授与される。賞金は$5,000。

設立以来の受賞者一覧は以下の通り。

2005 Alois Furstner
2006 Gregory C. Fu、杉野目道紀
2007 David W. C. MacMillan、谷野圭持
2008 John F. Hartwig、野崎京子
2009 Justin Du Bois、石原一彰
2010 Micheal J. Krische、寺田眞浩
2011 Dean Toste, 垣内史敏
2012 Jin-Quan Yu、田中健
2013 Benjamin List、伊丹健一郎
2014 Phil S. Baran井上将行
2015 Brian M. Stoltz、山口茂弘
2016 M. Christina White、依光英樹
2017 Frank Glorius、中尾 佳亮
2018 Jeffrey W. Bode、鳶巣守
2019 Richmond Sarpong 千葉俊介
2020 Martin D. Burke 松永茂樹

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  2. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  3. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  4. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  5. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  6. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  7. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  8. 長井長義 Nagayoshi Nagai

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  2. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  3. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  4. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  5. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  6. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  7. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  8. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  9. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  10. 化学者の単語登録テクニック

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP