[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

分子が集まってできる「超分子」により、直径2ナノメートル(1ナノは10億分の1)という超極細の「ホース」(管)を作ることに、名古屋工業大大学院つくり領域応用化学科の斎藤勝裕教授や小野克彦助手らの研究グループが成功した。ナノサイズの導線や人工の毛細血管などへの応用が考えられるという。
ホースは、炭素と水素でできたベンゼン環4つと窒素や酸素、炭素、水素でできた化合物4つがドーナツ状に結びついた分子が、積み重なってできている。電気を通す性質があるほか、ホースの中には、ホースを生成する際にできた水分子が入っており、水を通す可能性もある(引用:日刊県民福井)。

ちょっと構造がわからないのでなんともいえませんが気になりますね。どのようなものをどのように合成しているのでしょうか。今後の報告を注目したいと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  2. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  3. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  4. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  5. 新薬と併用、高い効果
  6. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  7. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  8. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得

注目情報

ピックアップ記事

  1. 軸不斉のRとS
  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  3. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  4. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  5. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  6. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  7. 薬学部6年制の現状と未来
  8. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  9. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  10. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP