[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

分子が集まってできる「超分子」により、直径2ナノメートル(1ナノは10億分の1)という超極細の「ホース」(管)を作ることに、名古屋工業大大学院つくり領域応用化学科の斎藤勝裕教授や小野克彦助手らの研究グループが成功した。ナノサイズの導線や人工の毛細血管などへの応用が考えられるという。
ホースは、炭素と水素でできたベンゼン環4つと窒素や酸素、炭素、水素でできた化合物4つがドーナツ状に結びついた分子が、積み重なってできている。電気を通す性質があるほか、ホースの中には、ホースを生成する際にできた水分子が入っており、水を通す可能性もある(引用:日刊県民福井)。

ちょっと構造がわからないのでなんともいえませんが気になりますね。どのようなものをどのように合成しているのでしょうか。今後の報告を注目したいと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第35回構造有機化学討論会
  2. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  3. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  4. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  5. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  6. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  8. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  2. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  3. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  4. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表
  5. JSRとはどんな会社?-2
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  8. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  9. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  10. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP