[スポンサーリンク]

一般的な話題

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごしでしょうか。先日のバレンタインデーで、チョコレートの油脂の分子構造について目をキラキラさせながら友人や恋人に語りかけ、ドン引きされてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

ドン引きされずに、一緒に化学を楽しみたい!

そんな時の強い味方が「科学館」です。

ここなら誰でも誰とでも、気軽に化学を楽しめる…はず!!

というわけで、身近に科学(化学)を楽しめるシリーズ(?)として、科学館を紹介していきたいと思っています。

そこで今回第一弾として、名古屋駅からのアクセスも抜群の「名古屋市科学館」についてレポートいたします。

名古屋市科学館の理工館5階で遊んでみた

大きな球体が目印の名古屋市科学館(トップ図)。

「理工館」「生命館」「天文館」の3棟からなっており、全部をじっくり見て回ろうとすると丸一日あっても足りないほどです。2011年に理工館と天文館が全面リニューアルし、世界最大のプラネタリウム「Brother Earth」が大きな話題となっています。

化学のフロアは、理工館5階です。

化学フロア

ものづくり都市・名古屋らしく、化学だけでなく化学を基盤とした「材料」に大きくスポットがあてられているのが特徴的です。

とりあえず、入り口近くにあるこちらの展示が大人気すぎて気になります。

大人気すぎる展示

つまみを持ち上げて重さをくらべましょう

木や水、金属などの様々な物質がだんだん重くなっていくように並べられています。大きさが同じでも物質によって重さが違うことがよくわかります。

そして、チャレンジ精神から無我夢中で一番重いタングステンのキューブ(19.3 kg)を持ち上げようと頑張る人、多数。

タングステンのキューブ

ええ、もちろん私もやりました。持ち上げても特にいいことはないんですが、謎の達成感があります。

 

自転車のスチールフレームとカーボンフレームの重さ比べもありました。黄色いところを持って、持ち上げます。

スチールフレームとカーボンフレームの自転車

…カーボンフレーム、軽っ。

もちろん単体同士ではないので単純比較はできませんが、炭素(原子量12)が鉄(原子量56くらい)との違いを見せつけてくれている…ような気分になります。

ここまでくると、もう周期表が見たくてたまりませんよね

展示室の奥のほうにでかでかと鎮座しているのがこちらの周期表です。なんと各元素の部分には実物が入っています。

あの元素やこの元素は、どんなところに使われているのか?特に原子番号の大きな元素は普段あまり目にしないため、まじまじと見てしまいました。逆に、ケイ素のようにメジャーな元素でも単体をなかなか見かけなかったりするもので、これまたまじまじと見つめてしまったのでした。楽しい〜。

周期表の近くには色々な分子模型が展示してあります。

チョコレート油脂の分子模型こそありませんが、別の食用油脂の分子模型はばっちり展示されています。科学館の分子模型を前にして語らえば、きっとドン引きなんてされずに二人の仲が縮まる…はず!

 

別のところにグラファイトとダイヤモンドの分子構造模型もありました。どちらも炭素原子のみからなる物質ですが、結合の仕方が異なっているのは有名です。ダイヤモンドでは炭素原子が縦方向にも横方向にもしっかり共有結合でつながっているのに対し、グラファイトでは炭素が層構造をとり、層どうしは共有結合しておらず離れやすくなっていることが、わかりやすく示されています。

グラファイト(左)とダイヤモンド(右)の模型

ボタンを押すと横に揺れ、グラファイトの層がずれるのがシブい!筆者のお気に入りです。

 

メントールの鏡像異性体の嗅ぎ分けも体験できます。

定番ですがやはり実際に嗅げるのは良いです。

 

こちらの展示は、展示だと気づかれにくいようで、多くの方々が素通りしてしまっていました…。触ると体温で色が変わります。温度で分子構造が変わる「サーモクロミック分子」で作られた顔料なんですね〜。

 

…というように、理工館5階で化学や材料科学を堪能しましたが、実はぜったい見逃せない化学(?)スポットがこのフロアとは別のところにありました。

 

これです。

元素コインロッカー!!!

 

エントランスから生命館につながる1階通路に置かれているこのコインロッカーが、実は、名古屋市科学館のひそかな名物。

2016年11月に正式に命名されたニホニウム」も、しっかり押さえられています。

ニホニウム!

アットホームな手作業感が、最近の出来事なんだというのを強調しています。

 

ちなみにこの元素コインロッカー、科学館のオリジナルグッズにまでなっており、トートバッグやら何やらがミュージアムショップで販売されていました。

なんだこの人気ぶりは。みんな元素が好きなんだな。嬉しいじゃないか。

 

感想

展示を体験した感想は「知らなくても楽しめるし、知っているともっと楽しい」です。説明は多くなく(むしろ、ほぼ説明がない展示も多く)、現象を体験しながら楽しむつくりになっているため、理屈がわからなかったとしても「堅苦しくて飽きちゃう〜」ということにはならないハズ。

逆に理屈がわかっちゃう人は、「あっ、知ってるアレが展示されてる!」とニンマリしたり、「こんな見せ方もあるのか〜」と唸ったりと、ちょっと捻った楽しみ方もできるかと思います。化学好きの友人どうしやカップルさん達が大きな周期表を眺めながら語らう光景もちょこちょこ見かけました。皆さんが共有結合もビックリの強い絆で結ばれるようお祈りしております。

 

おまけ

チョコレートの成分の結晶構造の違いから美味しさの秘密を解き明かす調理ワークショップを、高エネルギー加速器研究機構が実施しています。各地の科学館などで開催されているようなので、チャンスがあれば参加してみるのもいいかも?

近くで開催されないという方は、上記ワークショプの基になっていると思われる、放射光でチョコレート油脂やココアバターの結晶構造を解析した2004年の論文をお楽しみください。

 

名古屋市科学館おでかけ情報

〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-1 芸術と科学の杜・白川公園内

[TEL] 052-201-4486    [FAX] 052-203-0788

[URL] http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

[開館時間] 9:30〜17:00 (入館は16:30まで)

[休館日] 毎週月曜日 (祝日の場合は開館し、翌日休館)、第三金曜日 (祝日の場合は開館し、第四金曜日に休館)、年末年始  ※その他、臨時休館する場合有

[交通アクセス] 地下鉄「伏見」駅4・5番出口から南へ徒歩約5分  ※伏見駅へは名古屋駅から地下鉄東山線・藤が丘行きで1駅

 

参考文献

  1. Peschar, R.; Pop, M. M.; De Ridder, D. J. A.; Van Mechelen, J. B.; Driessen, R. A. J.; Schenk, H. J. Phys. Chem. 2004, 108, 15450. DOI: 10.1021/jp046723c

関連書籍

The following two tabs change content below.
Chikako Shirataki

Chikako Shirataki

生体分子に魅せられて、信州大学理学部生物科学科で生物学を学んだ後、名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻にてタンパク質化学の研究で博士(理学)の学位を取得。趣味は科学系の博物館巡りと美味しいケーキ屋さん探し。
Chikako Shirataki

最新記事 by Chikako Shirataki (全て見る)

関連記事

  1. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  2. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  3. 掟破り酵素の仕組みを解く
  4. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  5. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  6. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  7. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アー…
  8. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  2. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  3. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  4. ブラックマネーに御用心
  5. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  6. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  7. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  8. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  9. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  10. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP