[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  2. Horner-Emmons 試薬
  3. サレン-Mn錯体
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  7. XPhos
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 小林 修 Shu Kobayashi
  2. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  3. 新人化学者の失敗ランキング
  4. 小さなフッ素をどうつまむのか
  5. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  6. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  7. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  8. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  9. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  10. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP