[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  2. 研究者へのインタビュー
  3. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  4. モリブデン触媒
  5. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  6. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  8. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 優れた研究者は優れた指導者
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  4. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex
  5. アミンの新合成法
  6. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  7. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  8. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  9. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  10. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP