[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

[スポンサーリンク]

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  2. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  3. 向山酸化剤
  4. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  5. 不斉配位子
  6. Gabriel試薬類縁体
  7. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  8. 角田試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  2. デンドリマー / dendrimer
  3. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  4. スクリプス研究所
  5. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  6. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~
  7. 最近の有機化学注目論文1
  8. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  9. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  10. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP