[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

[スポンサーリンク]

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 

関連記事

  1. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  2. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  3. スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します
  4. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  5. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  6. Grubbs第二世代触媒
  7. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  8. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本にノーベル賞が来る理由
  2. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  3. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  4. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  5. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  6. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  7. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  8. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  9. 宮沢賢治の元素図鑑
  10. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP