[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  2. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  6. TFEDMA
  7. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  8. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル博物館
  2. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  3. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「鉄」注入、電磁波で加熱
  4. その反応を冠する者の名は
  5. 書物から学ぶ有機化学 3
  6. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  7. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  8. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  9. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  10. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP