[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

[スポンサーリンク]

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 

関連記事

  1. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  2. サレン-Mn錯体
  3. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  4. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  5. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  6. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  7. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  8. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  2. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  3. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  4. オキサリプラチン /oxaliplatin
  5. はしか流行?
  6. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  8. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心
  9. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI
  10. 天然階段状分子の人工合成に成功

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP