[スポンサーリンク]

archives

Accufluor(NFPI-OTf)

[スポンサーリンク]

F0327.gif

【東京化成工業】
Accufluor(NFPI-OTf):1-Fluoropyridinium Trifluoromethanesulfonate
分子量: 247.17
CAS: 107263-95-6
製品コード: F0327
値段:  5g  8,800円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 典型的な求電子的フッ素化剤
その他の求電子的試薬試薬:求電子的フッ素化剤 / Electrophilic Fluorinating Reagents
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニュースタッフ
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. 研究者へのインタビュー
  4. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ご注文は海外大学院ですか?〜渡航編〜
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも長持ち「ステンレス定規」の巻
  3. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  4. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  5. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  6. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  7. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  8. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  9. 発想の逆転で糖鎖合成
  10. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP