[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)

[スポンサーリンク]

T1350.gif

パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成

Jiaらは,パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成について報告しています。それによれば,触媒量のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の存在下,2,3-アレニルアミン,イソシアナートおよび有機ハロゲン化物を反応させることにより,対応するイミダゾリジノン誘導体が得られます。この方法は温和な条件下,高収率で目的物が得られ,種々の基質に適用できるなどの利点から,医薬品化学などの分野でも広く注目されています。

W. Shu, Q. Yu, G. Jia, S. Ma, Chem. Eur. J. 2011, 17, 4720.

関連記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  2. 不斉配位子
  3. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  4. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  5. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  8. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  2. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  3. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  4. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  5. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay
  6. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  7. 決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~
  8. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  9. 2017年12月14日開催: 化学企業4社によるプレミアムセミナー
  10. 細胞表面受容体の機能解析の新手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP