[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)

[スポンサーリンク]

T1350.gif

パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成

Jiaらは,パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成について報告しています。それによれば,触媒量のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の存在下,2,3-アレニルアミン,イソシアナートおよび有機ハロゲン化物を反応させることにより,対応するイミダゾリジノン誘導体が得られます。この方法は温和な条件下,高収率で目的物が得られ,種々の基質に適用できるなどの利点から,医薬品化学などの分野でも広く注目されています。

W. Shu, Q. Yu, G. Jia, S. Ma, Chem. Eur. J. 2011, 17, 4720.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  2. DAST類縁体
  3. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  4. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  5. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  6. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高…
  7. ペンタフルオロスルファニル化合物
  8. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  2. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  3. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  4. カセロネス鉱山
  5. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  6. 【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学
  7. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  8. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  9. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  10. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP