[スポンサーリンク]

archives

テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)

T1350.gif

パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成

Jiaらは,パラジウム触媒を用いた三成分反応によるイミダゾリジノン類の合成について報告しています。それによれば,触媒量のテトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0)の存在下,2,3-アレニルアミン,イソシアナートおよび有機ハロゲン化物を反応させることにより,対応するイミダゾリジノン誘導体が得られます。この方法は温和な条件下,高収率で目的物が得られ,種々の基質に適用できるなどの利点から,医薬品化学などの分野でも広く注目されています。

W. Shu, Q. Yu, G. Jia, S. Ma, Chem. Eur. J. 2011, 17, 4720.

関連記事

  1. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  2. HTTPS化とサーバー移転
  3. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  4. ニュースタッフ追加
  5. ODOOSをリニューアル!
  6. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  7. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  8. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  2. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  3. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  4. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  5. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  6. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  7. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  8. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  9. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  10. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP