[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) Trifluoromethanesulfonate

T1194.gif

Sn(OTf)2を用いるキラルイミンのジアステレオ選択的ビニロガスMannich型反応

Yangらは,Sn(OTf)2を用いるキラルイミンのジアステレオ選択的ビニロガスMannich型反応を経由する光学活性6-置換ピペリジノンと2-置換ピペリジンの合成を報告しています。本合成はキラル1-(1-ナフチル)エチルアミンとアルデヒドの縮合で生じるキラルイミンを,in situでシリルケテンアセタールとSn(OTf)2用いて反応させてキラル付加物を得ることから開始しています。本報告によれば,かさ高い置換基を持つアルデヒドを反応に用いるとジアステレオ比が最高9:1の付加物が得られます。このキラル付加物から光学活性6-置換ピペリヂノンと2-置換ピペリジンを合成しています。さらに,本反応を利用してタバコアルカロイドの(S)-アナバシンも合成しています。

Y. Yang, D. P. Phillips, S. Pan, Tetrahedron Lett. 2011, 52, 1549.

関連記事

  1. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  2. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  3. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  4. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  8. 環境ストレスに応答する植物ホルモン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  2. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  3. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  4. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  5. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  6. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  7. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydrogenation
  8. 化学のうた
  9. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  10. 立体電子効果―三次元の有機電子論

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP