[スポンサーリンク]

archives

トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

T1194.gif

Sn(OTf)2を用いるキラルイミンのジアステレオ選択的ビニロガスMannich型反応

Yangらは,Sn(OTf)2を用いるキラルイミンのジアステレオ選択的ビニロガスMannich型反応を経由する光学活性6-置換ピペリジノンと2-置換ピペリジンの合成を報告しています。本合成はキラル1-(1-ナフチル)エチルアミンとアルデヒドの縮合で生じるキラルイミンを,in situでシリルケテンアセタールとSn(OTf)2用いて反応させてキラル付加物を得ることから開始しています。本報告によれば,かさ高い置換基を持つアルデヒドを反応に用いるとジアステレオ比が最高9:1の付加物が得られます。このキラル付加物から光学活性6-置換ピペリヂノンと2-置換ピペリジンを合成しています。さらに,本反応を利用してタバコアルカロイドの(S)-アナバシンも合成しています。

Y. Yang, D. P. Phillips, S. Pan, Tetrahedron Lett. 2011, 52, 1549.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  2. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  3. サレン-Mn錯体
  4. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  5. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  6. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  8. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー6
  2. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group
  3. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids
  4. ヘリウム不足再び?
  5. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  6. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」
  7. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  8. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②
  9. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  10. Angewandte Chemieの新RSSフィード

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP