[スポンサーリンク]

archives

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

[スポンサーリンク]

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「当社」)は、当社が実施する⼤学等の技術シーズ特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」において「BRAVE2021 Spring」の参加チームのエントリーを受け付けています。将来起業することを視野に入れているチーム、または起業直後のスタートアップ、技術シーズの事業化に意欲のある⽅からのご応募をお待ちしています。

■BRAVE 2021の実施概要

1.開催⽇時:

BRAVE 2021 Spring

  • 予選会        2021年5月22日(土)
  • Kick-Off       2021年6月12日(土)
  • 1DAYメンタリング   2021年6月26日(土)
  • オンラインレクチャー 2021 年6月12日-8月7日(5回程度)
  • ピッチ大会      2021年8月7日(土)

BRAVE 2021 Demo Day

  • 2021年12月中 (詳細決まり次第、公式webサイトにて告知予定)

2.応募⽅法:

BRAVE公式webサイトより応募 (https://brave.team/)

3.応募締切:

BRAVE 2021 Spring  2021年5⽉10⽇

4.応募資格:

技術シーズの事業化に⾼い関⼼を有し、将来起業することを視野に⼊れているチーム、起業直後のスタートアップ、カーブアウトベンチャーや企業内プロジェクト。学生・社会人、国籍、起業の有無は不問です。応募者は、応募に当たり1つのチームのみに属すこととし、1チームが提出できるプランは1つのみです。

5.募集領域:下記5領域で応募を受け付けます。

  • メディカル:デジタルヘルス、医療機器、医療サービス、診断技術
  • バイオ・創薬:医薬品、再生医療
  • アグリ・フード:農業、食品生産、食品加工
  • AI:ソフトウェア、ロボット
  • SDGs:福祉、教育、環境、エネルギー

6.参加費:無料

7.BRAVE参加のメリット:

① 経営者候補のマッチング、チーム体制の強化:2,000名以上の候補人材とのマッチング

② 専門家・メンターによるサポート:起業家、大手企業経験者、各種専門家によるメンタリング

③ 資金調達の加速:賞金・投資家からの出資の獲得、投資家との交渉に向けたレクチャー、競争的資金(JST START, NEDO STS等)への推薦

④ ビジネス拡大の機会獲得:事業会社とのマッチング

⑤ オンラインレクチャーの受講(起業家、専門家を講師としてお招きし、実践的な講義を実施します。)

■BRAVEについて

2016年より⼤学等の研究開発機関の技術シーズに特化したアクセラレーションプログラム「BRAVE」((https://brave.team/)を運営しています。BRAVEでは、参加する研究チームに対して、これまで、BRAVEは⼤学の研究者等から400件以上の応募を受け、100件以上のチームを採択・⽀援してきました。BRAVE卒業⽣は、BRAVEで得られた⽀援を活かし事業化を進め、累計で100億円以上の資⾦調達を⾏ってきました。(いずれも2021年3⽉時点の数値)

■Beyond Next Ventures株式会社 概要

本社 :東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階

代表者:代表取締役社長 伊藤 毅

設立日:2014年8月

URL :https://beyondnextventures.com/jp/

<本件に関するお問い合わせ>

担当 ⾦丸・津田

E-mail:info@brave.team

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  2. レーザー光で実現する新たな多結晶形成法
  3. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  4. sinceの使い方
  5. アジリジンが拓く短工程有機合成
  6. 有機合成化学協会誌2020年10月号:ハロゲンダンス・Cpルテニ…
  7. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化
  8. ノーベル化学賞解説 on Twitter

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  2. アノマー効果を説明できますか?
  3. 小松紘一 Koichi Komatsu
  4. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  5. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  6. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  7. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  9. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  10. 光薬理学 Photopharmacology

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP