[スポンサーリンク]

archives

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

[スポンサーリンク]

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「当社」)は、当社が実施する⼤学等の技術シーズ特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE」において「BRAVE2021 Spring」の参加チームのエントリーを受け付けています。将来起業することを視野に入れているチーム、または起業直後のスタートアップ、技術シーズの事業化に意欲のある⽅からのご応募をお待ちしています。

■BRAVE 2021の実施概要

1.開催⽇時:

BRAVE 2021 Spring

  • 予選会        2021年5月22日(土)
  • Kick-Off       2021年6月12日(土)
  • 1DAYメンタリング   2021年6月26日(土)
  • オンラインレクチャー 2021 年6月12日-8月7日(5回程度)
  • ピッチ大会      2021年8月7日(土)

BRAVE 2021 Demo Day

  • 2021年12月中 (詳細決まり次第、公式webサイトにて告知予定)

2.応募⽅法:

BRAVE公式webサイトより応募 (https://brave.team/)

3.応募締切:

BRAVE 2021 Spring  2021年5⽉10⽇

4.応募資格:

技術シーズの事業化に⾼い関⼼を有し、将来起業することを視野に⼊れているチーム、起業直後のスタートアップ、カーブアウトベンチャーや企業内プロジェクト。学生・社会人、国籍、起業の有無は不問です。応募者は、応募に当たり1つのチームのみに属すこととし、1チームが提出できるプランは1つのみです。

5.募集領域:下記5領域で応募を受け付けます。

  • メディカル:デジタルヘルス、医療機器、医療サービス、診断技術
  • バイオ・創薬:医薬品、再生医療
  • アグリ・フード:農業、食品生産、食品加工
  • AI:ソフトウェア、ロボット
  • SDGs:福祉、教育、環境、エネルギー

6.参加費:無料

7.BRAVE参加のメリット:

① 経営者候補のマッチング、チーム体制の強化:2,000名以上の候補人材とのマッチング

② 専門家・メンターによるサポート:起業家、大手企業経験者、各種専門家によるメンタリング

③ 資金調達の加速:賞金・投資家からの出資の獲得、投資家との交渉に向けたレクチャー、競争的資金(JST START, NEDO STS等)への推薦

④ ビジネス拡大の機会獲得:事業会社とのマッチング

⑤ オンラインレクチャーの受講(起業家、専門家を講師としてお招きし、実践的な講義を実施します。)

■BRAVEについて

2016年より⼤学等の研究開発機関の技術シーズに特化したアクセラレーションプログラム「BRAVE」((https://brave.team/)を運営しています。BRAVEでは、参加する研究チームに対して、これまで、BRAVEは⼤学の研究者等から400件以上の応募を受け、100件以上のチームを採択・⽀援してきました。BRAVE卒業⽣は、BRAVEで得られた⽀援を活かし事業化を進め、累計で100億円以上の資⾦調達を⾏ってきました。(いずれも2021年3⽉時点の数値)

■Beyond Next Ventures株式会社 概要

本社 :東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階

代表者:代表取締役社長 伊藤 毅

設立日:2014年8月

URL :https://beyondnextventures.com/jp/

<本件に関するお問い合わせ>

担当 ⾦丸・津田

E-mail:info@brave.team

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 地域の光る化学企業たち-2
  2. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  3. 美しきガラス器具製作の世界
  4. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  5. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生
  6. 高い専門性が求められるケミカル業界の専門職でステップアップ。 転…
  7. 第44回ケムステVシンポ「未来を切り拓く半導体材料科学の最前線」…
  8. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  2. ゼナン・バオ Zhenan Bao
  3. 料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える
  4. オカモトが過去最高益を記録
  5. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  6. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  7. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  8. 名古屋市科学館で化学してみた
  9. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  10. 2009年イグノーベル賞決定!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP