[スポンサーリンク]

ディスカッション

私がケムステスタッフになったワケ(2)

[スポンサーリンク]

今回の記事は、第1回ケムステオンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』において、2013年3月20日~4月10日までFacebookのケムステグループで交わされたやりとりを抜粋したものです。テーマは「なぜケムステスタッフになったのか」について。ケムステスタッフの脱線も交えた、本音トークの模様を実況中継します。

もう第一回を読まれた方はお気づきかもしれませんが、自由に発言できるようにするためスタッフはHNを伏せてあります(今回はバレバレですが)。今回の回答者は大学教員X先生です。

問:なぜケムステスタッフになったのか?

大学教員X:どういう考え方でスタッフ稼業に取り組んでるか書くことにします。昔も今も根っこは変わってませんし、ほとんどすべてこういうスタンスで取り組んでます。

  1. 自分の手持ちスキルを、強引にでも何でも別分野で活かす方向に持っていけないか」という考え方は、昔から何ごとにも当てはめていました。
  2. 「役立たないのにこんなのやっててもしょうがない」と平然と主張する方には、「そういう君は社会の役に立ちうる位置から程遠くないのか?」と思っています。
  3. 「最初は少々粗くても、他人と若干かぶるところがあっても、そこを気にしたら負けだ」と思っています。
  4. 「アウトプットの品質向上にはどうしても時間がかかるので、最初から過剰にこだわってはいけない」と思っています。
  5. 頭で理屈をこねるばかりで、いつまでも始めないのは論外です。
  6. 個人的見解を浸透させる手段として、文系的なFace to faceのやり方は(効果のほどは認められる部分があるにせよ)自分にとっては効率悪いし不向きな方法だと考えています。

スタッフA:ウェブに興味をもち始めたのはいつくらいですか?HTMLとか。

大学教員X:大学1~2年のころです。入学祝にノートPCを買ってもらい、インターネットが自在に使える環境が大学にあったのでネットを巡回しまくってたことがきっかけです。あとHTMLは言語として一番ハードルが低かったのも良かったです(Cの習得は挫折しました(笑))。ホームページスキルが手持ちで最初からあったので、それを足がかりにケムステへと触手を伸ばしました。実は留学先選びでも、この考え方を重視してました。逆に「広く有効なスキルを集中的に習得すべし」的な考え方は、死活問題レベルの必要性に迫られない限り、優先度高く出てくることが僕の中ではありません。そもそもの話として、面白くないと突き詰められないからです。たとえば英語は必要ですがあまり一生懸命やってませんでした。うまくなる気もしなかったですしね。でも外国行った事でそれが死活問題になって、必要に迫られて工夫しました。

スタッフA:手持ちスキルが無い人はどーしましょ?私の話になってしまいますが、文書を書くスキルが無いので、無理やりにでも上げようと「ブログを書こうかな?」という気持ちもありました。仲間と読者がいなきゃ続かないワケですが…

スタッフB:ブログなので文章の完成度が高い必要はないんじゃないでしょうか?

大学教員X:ない人は作るしかないですよね!これ当然(笑)。ただうまい作り方はあると思います。ブログは練習としていい場でしょう。ブログの文章に完成度が高い必要はないです。でも皆勝手にハードルを自分で作って上げてるように思います

スタッフA:以前後輩に、私もケムステで記事を書いてる事を話したら「先輩っぽい文章だなって思ってました!」って言われてしまいました。 外に出て行く時におめかししたいのは当たり前で(人により程度の差はあるけど)、出来るだけかっこいい文章を、と思うのは普通でしょう。ただ、書かなければ上手くならないので、やりながら「いつかうまくなるさ!」と思って、まずは下手でも投稿するのが大事なんだろうと思います。

大学教員X:何をやるにしても世の皆さんは、「表に出すことはちゃんとしてないとね」と口をそろえて言うのですが、日本人のそれは正直過剰すぎるきらいがあるのではと僕には思えています。結局、あらゆる対応が後手後手になって、品質を上げる前にあっぷあっぷで頓挫し、何にもならないように見えるケースも多かったのです。過ぎたるはなんとやらです。見方を変えれば、これこそが育ちのいい一般人の「付け入る隙」だと考えたのですね。僕はMark Zuckerbergの言うところの“Done is better than perfect”は真理のひとつだと思っています。ただ前提として、目線が十分に高くないと有効機能しない哲学だとは思いますが。

スタッフA:ビジネス入門書にもquick & dirty って書いてあるけど、実践は難しい…

大学教員X:目線が低いとdirtyになるばかりなんですよね。そこが難しいところです。実施すること自体はそんな大変ではないはず。こういうディスカッションめちゃくちゃ面白いですね。

スタッフC:Done is better than perfect. Quick & Dirty.ですか。では、今回の「ケムステスタッフで語ろうぜ」のつぶやきまとめ記事もそんな感じで(苦笑)。

スタッフA:つぶやき一回分の量じゃないですね

スタッフC:大丈夫、内輪すぎるコメントなど冗長にならないように多少カットします。目的の半分以上はスタッフで楽しむことで、記事は副産物でいいのではないでしょうか?

大学教員X:各人のスレごとに記事をつくれば文量的には適当でしょうが、10記事ぐらいになるかも。となると大掛かり過ぎ?コンテンツ分離の必要性が現実味を帯びてきたか(笑)

スタッフC:次回からは「あなたはどうですか?-自分はこうです」ではなく「これをどう考えますか?-自分はこう考えます」となるようなトピックにしましょう?

スタッフA:「目的の半分以上は内輪で楽しむ」と記事に書くと、「あれ?スタッフに成ると記事よりもっと楽しいの??」って成るかな?

第3回に続きます。

関連リンク

(The original article was reformatted and organized on 25.03.2020 by Gakushi)

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  2. (+)-フォーセチミンの全合成
  3. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に
  4. タミフルの新規合成法
  5. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  6. 恋する創薬研究室
  7. 創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTO…
  8. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  2. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  3. ゾウががんになりにくい本当の理由
  4. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  5. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  6. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  7. 八木 政行 Masayuki Yagi
  8. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  9. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

注目情報

最新記事

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間の箸…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前、手塚治虫氏の作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載ってい…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP