[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまいである気がします。触媒量は少ないにこしたことはないんですが、いったいどこまで減らすことができるのでしょう?今回はそれに関連するお話、…

  2. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  3. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  4. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  5. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  6. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  7. 共役はなぜ起こる?

  8. もっとも単純な触媒「プロリン」

  9. 本当の天然物はどれ?

  10. ノルゾアンタミンの全合成

  11. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  12. 生合成を模倣した有機合成

  13. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  14. ハメット則

  15. 有機の王冠

  16. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  2. 使い方次第で猛毒、薬に
  3. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  4. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  5. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  6. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  7. 堀場雅夫 Masao Horiba  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP