[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozzi

    キャロライン・R・ベルトッツィ(Carolyne R. Bertozzi、1966年10月10日-)は、アメリカの有機化学者、分子細胞生物学者である (写真:Bertozzi Group)。スタンフォード大学教授。 (さらに&helli…

  2. メントール /menthol

    メントール(menthol)は、モノテルペンの一種で、ハッカ(ペパーミント)に多く含まれる香料成…

  3. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction(PCR)

    ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction, PCR)とは、特定の塩基…

  4. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

    キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis、1944年12月28日-)は、アメリ…

  5. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

    動的コンビナトリアル化学(Dynamic Combinatorial Chemistry: DC…

  6. プラテンシマイシン /platensimycin

  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine

  8. アザジラクチンの全合成

  9. メタンハイドレート Methane Hydrate

  10. アルカロイド alkaloid

  11. クリックケミストリー / Click chemistry

  12. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC

  13. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant

  14. 光学分割 / optical resolution

  15. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)

  16. ボンビコール /bombykol

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  2. 有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子
  3. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  4. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  5. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  6. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  7. 目指せ化学者墓マイラー

注目情報

最新記事

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

PAGE TOP