[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Hiro

Hiro

  1. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess

    概要・キラルジオール・キラル一級アミン・2-ホルミルフェニルボロン酸が縮合した化合物のジアステレオマー比から、キラルジオールもしくはキラル一級アミンのエナンチオ過剰率(ee)を決定する方法。特に一級アミンにおいては、不斉中心が官能基から…

  2. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

    概要三成分縮合反応の一種。Strecker反応・Mannich反応類似の…

  3. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis

    概要1,4-ジケトン(アルデヒド)から酸脱水縮合により、置換フランを合成する手法…

  4. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde

    概要Garnerアルデヒドは、L-セリンもしくはD-セリンから両鏡像異性体を容易…

  5. 環化異性化反応 Cycloisomerization

    アルケン、アルキン→ アルケン概要π系(多くはアルキン-アルケンの組み合わせ)をもつ化合物は…

  6. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

  7. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Complex

  8. ラロック インドール合成 Larock Indole Synthesis

  9. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

  10. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)

  11. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  12. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation

  13. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

  14. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

  15. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

  16. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ガラス器具の洗浄にも働き方改革を!
  2. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  3. 菅裕明 Hiroaki Suga
  4. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  5. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  6. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  7. ヨアヒム・フランク Joachim Frank

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP