[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

1,4-ジケトン(アルデヒド)から酸脱水縮合により、置換フランを合成する手法。パール・ノールフラン合成ともいう。

 

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 2863.
  • Paal, C. Ber. 1884, 17, 2756.
  • Paal, C. Ber. 1885, 18, 367.

 

反応機構

参考:J. Org. Chem. 199560, 301.
paal_knorr_furan_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  2. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  3. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  4. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  5. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  6. MSH試薬 MSH reagent
  7. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  8. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  2. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」
  3. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  4. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無線の歴史編~
  6. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  7. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  8. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  9. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  10. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP