[スポンサーリンク]

一般的な話題

Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】

 

 

ピクシブ(Pixiv)というサイトをご存知でしょうか?

一言でいえば「イラストレーター・お絵描きさんのための、ソーシャルネットワークサイト(SNS)」です。自分の作品をPixiv内で公開し、お互いに文章・絵を介したコメントをしつつ、イラスト友達(マイピク)の輪を広げる場にする・・・といったコンセプトで運営されています。

公開されて3年未満の若いサイトながら、既に投稿作品数500万・月間7億ページビューを超えるという、日本最大のイラストレーター御用達SNSになっています。今ではプロから同人まで、あらゆるレベルの人達が集っていると言う話ですが・・・確かにランキング上位陣の作品なんか見てるとレベル高い!(少なくとも素人目には) 。

さて、そんなPixivにはありとあらゆるジャンルのイラストが存在しています。公開作品毎にタグ付け可能となっており、どんなモチーフか、何をモデルにしてるかなどの情報が検索可能になってます。

そんなとき筆者は、真っ先に「化学」で検索をかけるわけですが(笑)・・・なんと、ここには優れた化学イラストが沢山あるじゃないか!

・・・しかし化学のディープイメージゆえ、皆に知られてないのだとすれば勿体なさ過ぎる!

ということで化学系ブログたる「つぶやき」では、Pixivにて一般公開されている「秀作化学イラスト」を、独断と偏見に基づき紹介してみようと思います。

ベンゼン環マンとナフタレンマン (ぼぼさん作)

なんだこの可愛いらしいゆるキャラは!でも危険物!!(笑)

 

化学の偉人たち (凛さん作)

アヴォガドロ、ゲイ=リュサック、ドルトンなど古典化学の偉人たちをCGでお届け。各人の特徴が上手くつかめてて◎ですね。

 

ブタノール!(shikaさん作)

そうです、ブタノールはビームだって出しちゃうんですよ、知ってました? それが化学物質というものだから!!(←嘘) ポップテイストな色調・レイアウトは好みですね ^_^

 

ブルバレン (Definedさん作)

現在各所で大流行中(?)、無生物モノの擬人化。 ご存知「元素周期  萌えて覚える化学の基本」を始めとして、いろいろなプロダクトが販売されてますが、その波はとうとう分子レベルにまで到達! しかしブルバレン分子とは、なんともマニアックなチョイスですな・・・。他にもヒドラジンや、フルオロスルホン酸、プリン分子なんかも擬人化されておられるようです。
この擬人化文化、行き着くトコまで行ってしまった模様で、調味料擬人化なんてものまであるらしく・・・
まったく世界はどんな方向に向かっているんだ(笑)

 

ところで俺のタンパク質を(ry (モモサトさん作)

手元の模型はリゾチーム。ビミョーに生物のようですが、これだってれっきとした化学(生化学)です。ふつーにグッド!

 

となりのニトロ (K☆Gマックさん作)

めちゃくちゃくだらないのですが、不覚にも笑ってしまった・・・・

 

おわりに

筆者は「化学はビジュアルな学問である」と思っています。

化学の発展に多大な寄与を及ぼしたものの一つに、分子模型があることは化学者ならば誰もが認めるところでしょう。
しかしそもそも化学現象は、目では到底見えないスケールで起きてる出来事。
分子そのものを直接見た人は誰一人おらず、ごく最近まで分子模型はあくまで想像の産物でした。そんなものを使って、あたかも分子が目前に見えているかのごとく議論を行い、化学を発展させてきたわけですから、よくよく考えると凄いことです。
そしてそんな経緯を経たあとに、分子の形化学反応がそのとおりに観測されるに至ったわけですから、まったくもって凄い。目に見えないものまでをも捕まえてくる人間の想像力の凄まじさを、改めて思い知らされました。

そういった「見えないものを見ようとしている」化学的営みなわけですから、その凄さ・楽しさ・面白さをダイレクトに伝えうるのは、やはり200行の論文よりは一枚の絵なのかな・・・なんてことをしばしば思ったりもするのです。

だから筆者自身、ビジュアルセンス・イラストアビリティは、化学を理解・説明するためにも昔から欲しかったものの一つでした。とはいえ、残念ながらそこまで恵まれずじまい・・・絵描ける人たちをまったく羨ましく思います。

絵師さん達には、これからも独自の着眼点で「化学ラヴ」な作品を提供し続けていただければと! 微力ながら応援しております!

 

関連書籍

 

関連リンク

  • 6研のつみれちゃん (どきどきジャイレース): Web化学界ではもはやおなじみ? gyraseさんによる有機合成マンガ。おすすめです。
  • Saomix Element 元素擬人化計画 : 元素擬人化はこちらのサイトが実は先駆といえるでしょう。うむうむ。
  • 化学な人々(Tetrahedron):化学系実験室の「あるある」をつづった4コママンガを多数公開しておられます。
  •  サイエンス・イラストレーター 菊谷詩子さん (理系なお姉さんはアリですか?)  : 科学絵専門のイラストレーター。世の中にはここまでやってしまう優れた方もいらっしゃいます。サイエンスというのは、本来自由度の高い活動なんですよね。
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. SciFinder Future Leaders 2017: プ…
  2. 近況報告PartIV
  3. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  4. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンに…
  5. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  6. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  7. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  8. The Journal of Unpublished Chemi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  2. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  3. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  4. 書物から学ぶ有機化学 2
  5. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  6. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  7. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  8. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  9. 2008年10大化学ニュース
  10. PACIFICHEM2010に参加してきました!③

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP