[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!

 

先月23日にファイナリスト45名が決定した有機化学・無機錯体分野の若手研究者の国際賞、Reaxys Ph.D Prize 2014

ついに最終受賞者の3名が決定しましたので世界に先駆けて発表したいと思います!栄えある受賞者は以下の3名です。

Zoey Herm from the Long group, University of California, Berkeley

Dawen Niu from the Hoye group, University of Minnesota

Changxia Yuan from the Siegel group, University of Texas at Austin

残念ながら今年も日本人の受賞はなりませんでしたが、540名の応募の頂点に立った3名の化学者達のお仕事を紹介してみようと思います。

ヘキサンの異性体や二酸化炭素と水素を分けるーZoey Hermさん

2014-07-14_01-12-14

今回の受賞者のひとりHermさんはカルフォルニア大学バークレー校のLong研究室に在籍していました。そこでMOFを用いた有機化合物の分離の研究を行いました。これまで7報の論文に関与していますが、代表的な仕事は以下の2つ。1つめは下記の図の通り水素の中にある二酸化炭素をMOFを使って効率的に分離する方法です。特にMgとCuと有機化合物からなる?Mg2(dobdc) [dobdc =1,4-dioxido-2,5-benzenedicarboxylate?]とCu-BTTri [BTTri =?1,3,5-benzenetristriazolate]が水素と二酸化炭素の分離に有効だということです。

 

ja-2010-11411q_0002

“Metal-Organic Frameworks as Adsorbents for Hydrogen Purification and Precombustion Carbon Dioxide Capture”

Herm, Z. R.; Swisher, J. A.; Smit, B.; Krishna, R; Long, J. R.?J. Am. Chem. Soc. 2011133, 5664-5667.DOI: 10.1021/ja111411q

 

もうひとつは昨年Science誌に報告された、同じくMOFを用いたヘキサン位置異性体の分離です。炭素6個からなる炭化水素ヘキサン異性体をFe2(BDP)3 [BDP = 1,4benzenedipyrazolate]で構成された三角形のMOFによって分離を可能にしています(詳細は論文を御覧ください)。

2014-07-14_01-09-39

(画像は論文から転載)

“Separation of Hexane Isomers in a Metal-Organic Framework with Triangular Channels”

Herm, Z. R; Wiers, B. M.; Mason, J. A; van Baten, J. M; Hudson, M. R; Zajdel, P.; Brown, C. M.; Masciocchi, N.; Krishna, R.; Long, J. R , Science,?2013, 340, 960-964. DOI: 10.1126/science.1234071

 

多くの研究者が精力的に研究を行っているこの分野でも、かなり特徴的な機能を示すことができないと、インパクトは低く、ハイジャーナルには通りくくなっています。MOFの性質をうまく使った気体の分離を試み、それを実現した点で注目すべき研究であるといえます。 

2014年に学位を取得し、現在はETHのKretzschmar研究室で博士研究員を行っているようです。MOF以外でどのような研究を今後展開するのか、大変興味が持たれます。

3つのアルキンでDiels-Alder反応ーDawen Niuさん

2014-07-14_01-34-10?2人目の受賞者であるDawen Niuさんはミネソタ大学のHoye研究室出身。形式的に3つのアルキンからディールス・アルダー反応を進行させるヘキサデヒドロディールス・アルダー反応(HDDA)の開発で大変注目を浴びました(下図)。

2014-07-14_01-40-06.png

“The hexadehydro-Diels-Alder reaction”

Hoye, T.R.; Baire, B.; Niu, D.; Willoughby, P. H.; Woods, B. P. Nature,?2012, 490, 208-212. DOI:10.1038/nature11518

この論文の第三著者に名前を残しているNiuさんは本反応の研究を進め、Nature、Nature Chem. Nature Protocolを含む6報の研究を発表しています。代表的な論文は以下の論文。

“Alkane desaturation by concerted double hydrogen atom transfer to benzyne”

Niu, D.; Willoughby, P. H.; Woods, B. P.; Baire, B.;Hoye, T. R.?Nature, 2013, 501, 531-534. DOI:10.1038/nature12492

分子内のトラップ剤を必要としていたHDDA反応をTHFやシクロアルカンなどのアルカンを2Hドナーとして用いることで解決しました。HDDA反応のオリジナル性が抜群でアルカンを2HドナーとしてフィーチャーさせたためNatureにアクセプトされています。このように独自性の高い研究で成果を出しているため、今後自身の研究を始めた時のプロポーザルがとってもきになるところですね。現在NiuさんはMITのBuchwald研究室で博士研究員を行っているようです。

金属フリーで複雑化合物のC-H結合を酸化ーChangxia Yuanさん

2014-07-14_02-07-17最後の受賞者はテキサス大学オースチン校のSiegel研究室出身のChangxia Yuanさん。全合成から素反応の開発と王道の研究を行っていたようです。代表的な論文はこちら。

 

website

“Metal-free oxidation of aromatic carbon-hydrogen bonds through a reverse-rebound mechanism.”

?Yuan, C.; Liang, Y.; Hernandez, T. M.;? Berriochoa, A.; Houk, K. N.; Siegel, D.?Nature 2013, 499, 192-196.DOI:10.1038/nature12284

 

フタル酸のペルオキシドを用いて、複雑化合物を含む芳香環をフェノールに変える反応です。個人的にはなぜNatureなんだろうと思いますが、複雑化合物にも適用できる基質一般性を有しています。それよりも以下のコンプラナジンAの全合成の第一著者であるとこも注目です。

ja-2010-01956x_0008

“Synthesis of Complanadine A, an Inducer of Neurotrophic Factor Excretion.”

Yuan,C.; Chang, C.-T.; Axelrod, A.; Siegel D. J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 5924-5925. DOI:10.1021/ja101956x

 

この化学者のつぶやきでも昔紹介したことがあります(過去記事:コンプラナジンAの全合成)が、この合成は合成化学的にかなり工夫が施された秀逸な合成であると言えます。現在Yuanさんはスクリプス研究所Baran研究室で博士研究員を行っているようで、行く末はアット驚かせるようなDe novo合成を含んだ全合成研究か、はたまた全く違う分野に飛び込むのか。合成ができる化学者はどこの分野でも活躍できるので注目したいと主ます。

 

Reaxys Ph.D Prizeにチャレンジ!

以上2014年のReaxys Ph.D Prize受賞者3人の研究内容について簡単に紹介しましたが、いずれもNatureやScienceのようなトップジャーナルの第一著者であり、その年に話題になった研究ということで非常にレベルの高い賞であることが伺えます。年々最後の3人まで残るのは厳しくなっていますが、応募は大変簡単なのでPh.Dを取得した、これから取得する人にはぜひともチャレンジしてもらいたいと思います。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  2. Evonikとはどんな会社?
  3. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  4. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  5. ゲルマニウムビニリデン
  6. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  7. ゲームを研究に応用? タンパク質の構造計算ゲーム「Foldit」…
  8. 神経細胞の伸長方向を光で操る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MT-スルホン MT-Sulfone
  2. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  3. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  4. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  5. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  6. 金属を使わない触媒的水素化
  7. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  8. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  9. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  10. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP