[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

ケムステVシンポまとめ

[スポンサーリンク]

コロナウイルスの影響で始まった新い試み「ケムステバーチャルシンポジウム」(#ケムステVシンポ)のまとめです。

シンポジウム開催の度に随時このページを更新していきます。なお、一定期間の後、編集して公開動画も作成しています。すでに公開済みの動画は先生方の顔写真をクリックすれば、ケムステチャンネルのYoutube公開動画(再生リスト)にリンクされます。

第1回「最先端有機化学」

2020年5月1日開催 参加登録 2,724名 5月25日動画公開

伊丹 健一郎 先生(名大・理 教授)
「美しく、そしてすんごい分子を作りたい!」

伊藤 肇 先生(北大・工 教授)
「メカノケミカル合成の夜明け」

金井 求 先生(東大・薬 教授)
「生体分子構造変換ダイナミズムへの化学介入」

山下 誠 先生(名大・工 教授)
「アルキル置換Alアニオンの合成と反応性」

会告 開催報告(前編 後編

第2回「光化学へようこそ!〜分子と光が織りなす機能性材料の新展開〜」

2020年5月15日開催 参加登録2495名 6月1日動画公開

長谷川 美貴 先生(青山学院大・理工 教授)
「未来に向けた希土類エレメント:発光を丁寧にうながす3つの工夫」

楊井 伸浩 先生(九州大・工 准教授)
「トリプレットの機能化学」

齊藤 尚平 先生(京都大・理 准教授)
「羽ばたく分子が創り出す新しい光科学技術」

開催報告

第3回「若手科学者、海外経験を語る」

2020年5月23日開催 参加登録 1056名 6月9日動画公開

菊池 智佳 さん(Scripps Research Paulson研 院生)
「(Chemical) Glycobiology 博士課程留学」

辻 信弥 先生(北海道大学・ICReDD Co-PI (リストグループ))
「ドイツで博士号を取得してみた」

嘉部 量太 先生(OIST・有機光エレクトロニクスユニット 准教授)
「国内留学(OIST)という選択肢」

開催報告

第4回「持続可能社会を作るバイオプラスチック」

2020年6月2日開催 1511名

岩田 忠久 先生(東京大学 教授)
「今、生分解性プラスチックに求められること!」

橘 熊野 先生(群馬大学 准教授)
「汎用プラスチックを目指したバイオプラスチックの合成」

沼田 圭司 先生(京都大学 教授・理化学研究所)
「構造タンパク質の階層構造に基づいた高分子設計」

開催報告

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」

2020年7月7日開催 1546名

浜地 格 先生(京大・工/ERATO 教授)

「生体夾雑系のタンパク質有機化学が目指すもの」

安藤 弘宗 先生(岐阜大/G-CHAIN、東海機構iGCORE 教授)

「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く」

山東 信介 先生(東大・工 教授)

「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」

第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

2020年7月29日開催予定

中尾 佳亮 先生 (京大・教授)
「協働金属触媒による有機合成反応」

宇都宮 賢先生 (三菱ケミカル)
「均一系触媒プロセス開発で考えるべきこと」

荘司 長三 先生 (名大・教授)
「酵素を誤作動させる分子を使う物質変換」

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」

2020年7月31日開催予定
神谷 真子 先生(東大・医)
「自発的な光明滅を繰り返す超解像蛍光イメージングプローブの開発」
松原 亮介 先生(神大・理)
「フロキサン合成法の開発とその応用」
柴山 耕太郎 先生(日本曹達株式会社)
「農薬の探索合成研究」
高橋 大介 先生(慶大・理工)
「ホウ素触媒を用いた新規グリコシル化反応の開発と応用」

ケムステVシンポ協賛企業

東京化成工業メルク
島津製作所

コラボレーション

化学同人

ケムステYotube チャンネル

YouTubeのケムステチャンネルを開設しました!Vシンポジウム関連の動画をまとめています。

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  2. 発想の逆転で糖鎖合成
  3. アルケニルアミドに2つアリールを入れる
  4. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  5. Ns基とNos基とDNs基
  6. 論文がリジェクトされる10の理由
  7. NMRの基礎知識【原理編】
  8. Chemistry on Thanksgiving Day

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  2. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  3. オーラノフィン (auranofin)
  4. 第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授
  5. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  6. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  8. 金沢ふるさと偉人館
  9. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  10. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP