[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2023年4月号:ビニルボロン酸・動的キラル高分子触媒・ホスホニウムイリド・マイクロ波特異効果・モレキュラーシーブ

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年4月号がオンライン公開されています。(すいません筆者の落ち度で遅くなりました)

新年度が始まりましたね!研究室も非常に賑やかで、嬉しい限りです。5月の連休前に、有機合成化学協会誌の輪読はいかがでしょうか。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、ビニルボロン酸・動的キラル高分子触媒・ホスホニウムイリド・マイクロ波特異効果・モレキュラーシーブです。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:「道」に縛られない自由を 

今月号の巻頭言は、大阪大学大学院工学研究科 櫻井英博 教授による寄稿記事です。
深く刺さる内容であり、何度も首肯しながら読んでしまいました。自分の研究を見つめ直す良いきっかけになりました。みなさん必読です。

追悼:岸義人先生を偲んで 

今月号は追悼記事があります。2023年1月9日にご逝去された、岸 義人 先生の追悼記事です。理化学研究所名誉研究員の中田 忠先生による寄稿記事です。
岸先生は誰もが知るレジェンド化学者ですが、多くのお弟子の先生方に尊敬され、愛される先生であったことが非常によく伝わります。
ご冥福をお祈りいたします。

ビニルボロン酸誘導体の連鎖重合化学:ホウ素を活かすモノマー設計と側鎖置換による重合後変換

西川 剛*大内 誠*

*京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻

ホウ素」を活かす高分子化学:高分子の合成だけでなく、高分子の変換にも焦点が当てられており有機合成化学協会誌の読者が興味をもつ内容です。「着想の経緯」などが記された分かりやすいイントロダクションは学生読者の興味をひくだけでなく、理解を大いに助けると思われます。

ボロニル基での重合後修飾に基づいた動的キラル高分子触媒の創製

山本武司*、良永裕佳子、杉野目道紀

*2021年度有機合成化学奨励賞

*京都大学大学院工学研究科

本総合論文では動的立体化学挙動を示すキラルらせん高分子の特性を活用した不斉触媒の開発と応用に関する研究成果が報告されています.その最大の魅力は「一つの触媒で目的物の両エナンチオマーをどちらも高エナンチオ選択的に合成できる」ことにあります.動的キラリティーの潜在的な有用性が具現化された好例であり,不斉合成化学,高分子化学,超分子化学の融合研究としても興味深い内容です.

多機能な分子性触媒を志向したホスホニウムイリドの創製

戸田泰徳、菅 博幸

*信州大学工学部物質化学科

本論文では、ホスホニウムイリドやその誘導体を合成中間体としてではなく、分子性触媒として利用した興味深い研究について紹介されている。 

マイクロ波特異効果はあるのか?有機合成反応における実験的検証

山田 徹*

*慶應義塾大学理工学部化学科

マイクロ波照射による反応の加速効果は、反応系内部の迅速加熱による熱的効果であるという解釈が一般的であり、それ以外の「マイクロ波特異効果」は否定されてきた。しかし、近年、「マイクロ波特異効果」の存在を示す実験結果が合成化学分野において再び脚光を浴びている。本論文は、緻密な実験条件と速度論的解釈に基づいて「マイクロ波特異効果」を実証しており、一読をお薦めする。

モレキュラーシーブの新たな使用法

安川知宏、久田智也、中島華子、増田隆介、北之園 拓、山下恭弘、小林 修*

*東京大学大学院理学系研究科化学専攻

あなたの知っているようで知らないモレキュラーシーブス(MS)の世界― 酸なのか、塩基なのか。MS3A、MS4A、MS5Aとは何か?それすらあやふやな人は多いはず。東京大学 小林 修 先生らによる、有機合成素人も玄人も必読のご一稿です。

Review de Debut

今月号のReview de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひ。

有機合成におけるホスホラニルラジカルの利用 (神戸大学大学教育推進機構教養教育院)薮田達志

Messege from Young Principal Reseacher(MyPR):有機金属化学に魅せられて 

今月号のMyPRは、京都工芸繊維大学分子化学系 大村智通 教授による寄稿記事です。
村上先生のエピソードや謝辞の件など、感動で泣けました。みなさん、オープンアクセスですので必読です!!

ラウンジ:計画的偶発性マインドがもたらした研究キャリア

今月号のラウンジは、産業技術総合研究所 生長幸之助 研究チーム長による寄稿記事です。
全て読ませていただきましたが、これは歴史的大作と感じました。内容が示唆に富むのはもちろんですが、計画的偶発性理論とはなんぞやということに関しても詳しく解説されており、一冊の本を読んだ気分です。みなさまぜひ。

感動の瞬間:ポルフィセンに魅せられて:有機化学からタンパク質機能改変へ 

今月号の感動の瞬間は、大阪大学大学院工学研究科 林 高史 教授による寄稿記事です。
「良い分子 を見つけることとその分子の良さを信じて徹底的に付き合うことで,いくつかの感動の瞬間を研究仲間と享受することができた」
この文章に深く感銘を受けました。私も分子と徹底的に付き合いたいと思います。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触…
  2. 超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたよう…
  3. ノルゾアンタミンの全合成
  4. メタンハイドレートの化学
  5. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引…
  6. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  8. キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 半導体領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用-レジスト材料の探索、CMPの条件最適化編-
  2. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quinoline Synthesis
  3. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  4. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation
  5. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  6. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見
  7. Discorhabdin B, H, K, およびaleutianamineの不斉全合成
  8. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  9. 使い方次第で猛毒、薬に
  10. 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP