[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction

 

概要

gem-ジハロアルカンから有機チタン種を生成させ、カルボニルをオレフィン化する反応。

多くのオレフィン化反応がアルデヒド・ケトンのみに適用を持つのに対して、本条件ではエステルやアミドのカルボニル基もオレフィン化することが可能。塩基性が低いため、エノール化しやすい基質にも適用できる。

類似系であるTebbe試薬Petasis試薬の適用範囲がメチレン化に限定されるのに比べ、本条件では置換アルケンの合成が可能。反応はZ選択的に進行する。

 

基本文献

 

反応機構

takai_lombardo_2.gif

 

反応例

Tetrodotoxinの合成[1] takai_lombardo_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Hinman, A.; Du Bois, J. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 11510. DOI: 10.1021/ja0368305

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  2. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  3. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorina…
  4. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile…
  5. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  6. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  7. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  8. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 富大工学部実験研究棟で火事
  2. 北川 進 Susumu Kitagawa
  3. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  4. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  6. Nature Chemistryデビュー間近!
  7. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation
  8. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  9. オルト−トルイジンと発がんの関係
  10. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP