[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本にノーベル賞が来る理由
  2. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  3. Lead Optimization for Medicinal …
  4. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  5. Comprehensive Organic Transforma…
  6. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  7. なぜあなたの研究は進まないのか?
  8. Semiconductor Photocatalysis: Pr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  3. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  4. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  5. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  6. 化学と工業
  7. イヴァン・フック Ivan Huc
  8. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  9. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (前編)-
  10. OMCOS19に参加しよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP