[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. The Sol-Gel Handbook: Synthesis,…
  2. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  3. 有機化学命名法
  4. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  7. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  8. 2016年2月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  2. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  3. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  4. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  5. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  6. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  7. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  8. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究
  9. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  10. 実験の再現性でお困りではありませんか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP