[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. NMR in Organometallic Chemistry
  2. 元素手帳 2018
  3. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  4. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所で…
  5. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  6. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  7. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  8. 大学院講義 有機化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  2. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成
  3. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  4. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  5. ブレビコミン /Brevicomin
  6. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  8. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  9. 安全なジアゾメタン原料
  10. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP