[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成の落とし穴
  2. 海の生き物からの贈り物
  3. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロ…
  4. 有機機能材料 基礎から応用まで
  5. 日本にノーベル賞が来る理由
  6. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  7. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  8. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アカデミックの世界は理不尽か?
  2. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  3. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  4. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  5. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  6. (-)-MTPA-Cl
  7. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  8. ビタミンB12 /vitamin B12
  9. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  10. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP