[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Essential細胞生物学
  2. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  3. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  4. ベーシック反応工学
  5. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  6. Guide to Fluorine NMR for Organi…
  7. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる1…
  8. 有機スペクトル解析ワークブック

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  2. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  3. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  4. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  5. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  6. CAS番号の登録が1億個突破!
  7. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版
  8. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  9. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  10. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP