[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

2位

3位

4位

5位

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 創薬化学
  2. 高分子の合成(上)(下)
  3. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  4. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  5. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  6. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  7. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学
  8. 2009年8月人気化学書籍ランキング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子びっくり箱
  2. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  3. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  4. はじめての研究生活マニュアル
  5. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  6. Bergfriendhof (山の墓地)
  7. 振動結合:新しい化学結合
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  9. アピオース apiose
  10. 化学系人材の、より良い将来選択のために

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP