[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成の落とし穴
  2. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  3. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  4. The Merck Index: An Encyclopedia…
  5. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  6. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  7. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践…
  8. Illustrated Guide to Home Chemis…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  2. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  3. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  4. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  5. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  6. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  7. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  8. グリーンケミストリー / Green Chemistry
  9. マーティン・バーク Martin D. Burke
  10. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP