[スポンサーリンク]

ランキング

2008年12月人気化学書籍ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2016年1月の注目化学書籍
  2. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15…
  3. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  4. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  5. Greene’s Protective Groups…
  6. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  7. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  8. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  2. フルエッギン Flueggine
  3. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  4. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  5. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  6. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  7. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  8. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  9. 鬼は大学のどこにいるの?
  10. アルケンとニトリルを相互交換する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP