[スポンサーリンク]

ナノ化学

小松紘一 Koichi Komatsu

小松紘一(こまつ こういち、19xx年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である。福井工業大学教授。京都大学名誉教授(写真:第19回基礎有機化学討論会)。

経歴

1966 京都大学 卒業
1968 京都大学大学院 修士課程修了
1971 京都大学大学院 博士課程修了
1971 京都大学工学部 石油化学科 助手
1974-1976 ウィスコンシン大学 博士研究員(R. West教授)
1984 京都大学工学部 講師
1989 京都大学工学部 助教授
1993 京都大学化学研究所 助教授
1995 京都大学化学研究所 教授
2006 京都大学定年退職、京都大学 名誉教授
2006 福井工業大学 教授

 

受賞歴

1998 日本化学会学術賞
2002 アレキサンダー・フォン・フンボルト賞
2005 BCSJ Article Award
2006 日本化学会賞

 

研究概要

フラーレンC60の分子手術法の開発

 

molecularsurgery.jpg

 

有機合成的手法によってフラーレンに穴をあけ、分子を詰め、また閉じるという分子手術法(Molecular Surgery)[1] は、偶然に頼った既存の内包フラーレン合成法に比べ、何倍もの効率・純度で望む内包フラーレンを得ることができます。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Komatsu, K.; Murata, M.; Murata, Y.Science 2005, 307, 238.

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  2. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  3. イー・タン Yi Tang
  4. 新海征治 Seiji Shinkai
  5. トビン・マークス Tobin J. Marks
  6. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  7. チン・リン Qing Lin
  8. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  2. シアノスター Cyanostar
  3. 天然の保護基!
  4. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  5. ノルゾアンタミンの全合成
  6. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  7. Horner-Emmons 試薬
  8. アノマー効果を説明できますか?
  9. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  10. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP