[スポンサーリンク]

ナノ化学

小松紘一 Koichi Komatsu

[スポンサーリンク]

小松紘一(こまつ こういち、1962年5月24日-)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授(写真:京都大学化研)。

経歴

1966 京都大学 卒業
1968 京都大学大学院 修士課程修了
1971 京都大学大学院 博士課程修了
1971 京都大学工学部 石油化学科 助手
1974-1976 ウィスコンシン大学 博士研究員(R. West教授)
1984 京都大学工学部 講師
1989 京都大学工学部 助教授
1993 京都大学化学研究所 助教授
1995 京都大学化学研究所 教授
2006 京都大学定年退職、京都大学 名誉教授
2006 福井工業大学 教授

 

受賞歴

1998 日本化学会学術賞
2002 アレキサンダー・フォン・フンボルト賞
2005 BCSJ Article Award
2006 日本化学会賞

 

研究概要

フラーレンC60の分子手術法の開発

 

molecularsurgery.jpg

 

有機合成的手法によってフラーレンに穴をあけ、分子を詰め、また閉じるという分子手術法(Molecular Surgery)[1] は、偶然に頼った既存の内包フラーレン合成法に比べ、何倍もの効率・純度で望む内包フラーレンを得ることができます。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Komatsu, K.; Murata, M.; Murata, Y.Science 2005, 307, 238.

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  2. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  4. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  5. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  6. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  7. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whiteside…
  8. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中西香爾 Koji Nakanishi
  2. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  4. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  5. 化学の歴史
  6. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  7. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  8. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  9. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  10. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP