[スポンサーリンク]

危険物取扱者

危険物に関する法令:指定数量の覚え方

[スポンサーリンク]

第1類

第一酸化性固体 50kg
第二酸化性固体 300kg
第三酸化性固体 1000kg

と指定数量が決まっているが、第三酸化性固体は無視してよい。

第一酸化性固体は全部漢字のもので50kg、第二酸化性固体は硝酸塩類を除いてすべてカタカナの物質で300kg。

第2類

鉄粉は500kg、それ以外は100kg(引火性固体を除く。これは1000kg)

第3類

黄りんは20kg、その他の名前のついている物質は10kg

第4類

ちょっとややこしい。全部覚える。特殊引火物50Lが重要

特殊引火物 50L
第一石油類(非水溶性液体) 200L
第一石油類(水溶性液体) 400L
アルコール類 400L
第二石油類(非水溶性液体) 1000L
第二石油類(水溶性液体) 2000L
第三石油類(非水溶性液体) 2000L
第三石油類(水溶性液体) 4000L
第4石油類 6000L
動植物石油類 10000L

第5類

第一種自己反応性物質 10kg
第二種自己反応性物質 100kg

であるが、ほとんどが第一種で10kg。第二種はヒドラジン誘導体だけ

第6類

全て 300kg

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 危険物データベース:第6類(酸化性液体)
  2. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)
  3. 危険物データベース:第5類(自己反応性物質)
  4. 甲種危険物取扱者・合格体験記~cosine編
  5. 甲種危険物取扱者・合格体験記~カルダモン編
  6. 危険物に関する法令:点検・設備・保安距離
  7. 試験概要:乙種危険物取扱者
  8. 合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  2. 安積徹 Tohru Azumi
  3. 誤解してない? 電子の軌道は”軌道”ではない
  4. 170年前のワインの味を化学する
  5. 第8回XAFS討論会
  6. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応
  7. 有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン
  8. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  9. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst
  10. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP