[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み

大日本住友製薬?大日本製薬と住友製薬が1日合併し、売上高で国内製薬5位となる新会社「大日本住友製薬」(大阪市)が誕生した。経営統合でコストを削減し、生き残りの鍵となる研究開発力の強化や効率化を目指す。だが武田薬品工業をはじめ国内上位3社や海外の巨大製薬企業とは規模で圧倒的に劣るため、「次の再編を見越した第一段階」との見方も強い。

 合併前の両社の年間売上高合計は約3100億円。合併後は、統合失調症や糖尿病などの治療薬の研究開発に重点を置く。

 先日の第一三共に引き続く製薬会社の合併です。ただ研究開発力から見ると、新薬を次々へと出せる状況では全くありません。世界の製薬会社と戦うためには最低限、研究開発費が1000億円必要と言われています。

 住友製薬はカルシウム拮抗剤のアムロジン(amlodipineやカルバペネム系抗生物質メロペンを主力製品としています。アムロジンはファイザー社が販売しているノルバスクと同じ成分です。

一方、大日本製薬は消化管運動促進剤ガスモチン(GASMOTIN)や末梢循環改善剤プロレナール(PRORENAL )があります。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  2. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  3. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  4. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  5. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  6. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  7. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ…
  8. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical Polymerization
  2. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  3. モッシャー法 Mosher Method
  4. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  5. ブレオマイシン /Bleomycin
  6. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  7. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  8. 住友化学歴史資料館
  9. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidation
  10. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP