[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み

[スポンサーリンク]

大日本住友製薬?大日本製薬と住友製薬が1日合併し、売上高で国内製薬5位となる新会社「大日本住友製薬」(大阪市)が誕生した。経営統合でコストを削減し、生き残りの鍵となる研究開発力の強化や効率化を目指す。だが武田薬品工業をはじめ国内上位3社や海外の巨大製薬企業とは規模で圧倒的に劣るため、「次の再編を見越した第一段階」との見方も強い。

 合併前の両社の年間売上高合計は約3100億円。合併後は、統合失調症や糖尿病などの治療薬の研究開発に重点を置く。

 先日の第一三共に引き続く製薬会社の合併です。ただ研究開発力から見ると、新薬を次々へと出せる状況では全くありません。世界の製薬会社と戦うためには最低限、研究開発費が1000億円必要と言われています。

 住友製薬はカルシウム拮抗剤のアムロジン(amlodipineやカルバペネム系抗生物質メロペンを主力製品としています。アムロジンはファイザー社が販売しているノルバスクと同じ成分です。

一方、大日本製薬は消化管運動促進剤ガスモチン(GASMOTIN)や末梢循環改善剤プロレナール(PRORENAL )があります。

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム…
  2. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  3. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  4. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  5. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  6. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  7. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  8. 国際化学オリンピックで今年も好成績!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  2. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  3. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  4. アイルランドに行ってきた②
  5. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  6. 人生、宇宙、命名の答え
  7. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  8. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  9. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  10. ポットエコノミー Pot Economy

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン・対面併設|進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced コース

開講期間●令和4年 2月  14日(月)、17日(木):基礎編●       21日(月)、…

ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮

第 360回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 博士課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP