[スポンサーリンク]

C

カチオン重合 Cationic Polymerization

[スポンサーリンク]

アルケン → ポリマー

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がカチオンであるものをカチオン重合と呼ぶ。開始剤としてはブレンステッド酸やルイス酸などが用いられる。モノマーとしては電子豊富二重結合を持つイソプレンなどがその適用となる。

生じるカチオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

 

基本文献

  • Higashimura, T.; Sawamoto, M. Adv. Polym. Sci. 1984, 62, 49.
  • Faust, R.; Kennedy, J. P. Polym. Bull. 1986, 15, 317.

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  2. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  3. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  4. 鋳型合成 Templated Synthesis
  5. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  6. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Couplin…
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  8. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  2. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  3. バーチ還元 Birch Reduction
  4. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  5. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  6. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  7. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  8. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン
  9. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  10. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP