[スポンサーリンク]

C

カチオン重合 Cationic Polymerization

アルケン → ポリマー

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がカチオンであるものをカチオン重合と呼ぶ。開始剤としてはブレンステッド酸やルイス酸などが用いられる。モノマーとしては電子豊富二重結合を持つイソプレンなどがその適用となる。

生じるカチオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

 

基本文献

  • Higashimura, T.; Sawamoto, M. Adv. Polym. Sci. 1984, 62, 49.
  • Faust, R.; Kennedy, J. P. Polym. Bull. 1986, 15, 317.

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. MAC試薬 MAC Reagent
  2. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  3. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  4. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  5. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  6. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…
  7. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoratio…
  8. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  2. 含ケイ素四員環 -その1-
  3. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  4. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  5. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  6. タミフルの新規合成法・その4
  7. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  8. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」
  9. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  10. BASFとはどんな会社?-2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP