[スポンサーリンク]

C

カチオン重合 Cationic Polymerization

[スポンサーリンク]

アルケン → ポリマー

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がカチオンであるものをカチオン重合と呼ぶ。開始剤としてはブレンステッド酸やルイス酸などが用いられる。モノマーとしては電子豊富二重結合を持つイソプレンなどがその適用となる。

生じるカチオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

 

基本文献

  • Higashimura, T.; Sawamoto, M. Adv. Polym. Sci. 1984, 62, 49.
  • Faust, R.; Kennedy, J. P. Polym. Bull. 1986, 15, 317.

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  2. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  5. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  6. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Al…
  7. 北エステル化反応 Kita Esterification
  8. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年10大化学ニュース【前編】
  2. 円偏光スピンLEDの創製
  3. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  4. ニュースタッフ
  5. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  6. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  7. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  8. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  9. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–
  10. ボリレン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP