[スポンサーリンク]

C

カチオン重合 Cationic Polymerization

アルケン → ポリマー

 

概要

イオン性付加重合のうち、活性種がカチオンであるものをカチオン重合と呼ぶ。開始剤としてはブレンステッド酸やルイス酸などが用いられる。モノマーとしては電子豊富二重結合を持つイソプレンなどがその適用となる。

生じるカチオンが安定化される場合には、モノマーが消費された後でも成長末端は安定であり、再びモノマーを加えると重合が再開するような系も知られている(リビング重合)。

 

基本文献

  • Higashimura, T.; Sawamoto, M. Adv. Polym. Sci. 1984, 62, 49.
  • Faust, R.; Kennedy, J. P. Polym. Bull. 1986, 15, 317.

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  2. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  3. ピナー反応 Pinner Reaction
  4. グリニャール反応 Grignard Reaction
  5. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  6. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  7. 野崎・檜山・岸カップリング反応 Nozaki-Hiyama-Ki…
  8. コルベ電解 Kolbe Electrolysis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 乾燥剤の脱水能は?
  2. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  3. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  6. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  7. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  8. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  9. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  10. 究極の黒を炭素材料で作る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP