[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位

世界の製薬大手の2005年決算がほぼ出そろい、売上高を順調に伸ばす欧州企業と、苦戦気味の米上位の明暗が浮き彫りになった。日本勢では武田薬品工業の 14位が最高で、第一三共は16位、アステラス製薬は17位に食い込んだ。大型医薬品の販売動向や特許切れ対策で順位が入れ替わる構図になっている。(引用:日本経済新聞

 いまだ日本の製薬業界は世界規模に比べると小さいようです。武田薬品工業は2004年と同様の14位となりました。アステラス製薬と第一三共は互いに順位が入れ替わっただけです。

 

 首位の米製薬大手ファイザーは主力製品の高脂血症治療薬「リピトール」の売り上げが鈍化しているようです。同様に米製薬大手のメルクは販売停止に追い込まれ、多くの訴訟が起こった関節炎治療薬「バイオックス」の影響をもろに受けた模様。一方、フランス製薬大手のサノフィ・アベンティスは特許切れを迎えていますが、抗血小板剤「プラビックス」の好調により利益増加スイス製薬大手のロシュはいわずと知れたインフルエンザ治療薬の「タミフル」より大幅な増益となりました。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. パラジウム価格上昇中
  2. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  3. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  4. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  5. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  6. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  7. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  8. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室の大掃除マニュアル
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  4. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!
  5. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough
  6. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  7. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  8. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  9. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  10. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP