[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位

世界の製薬大手の2005年決算がほぼ出そろい、売上高を順調に伸ばす欧州企業と、苦戦気味の米上位の明暗が浮き彫りになった。日本勢では武田薬品工業の 14位が最高で、第一三共は16位、アステラス製薬は17位に食い込んだ。大型医薬品の販売動向や特許切れ対策で順位が入れ替わる構図になっている。(引用:日本経済新聞

 いまだ日本の製薬業界は世界規模に比べると小さいようです。武田薬品工業は2004年と同様の14位となりました。アステラス製薬と第一三共は互いに順位が入れ替わっただけです。

 

 首位の米製薬大手ファイザーは主力製品の高脂血症治療薬「リピトール」の売り上げが鈍化しているようです。同様に米製薬大手のメルクは販売停止に追い込まれ、多くの訴訟が起こった関節炎治療薬「バイオックス」の影響をもろに受けた模様。一方、フランス製薬大手のサノフィ・アベンティスは特許切れを迎えていますが、抗血小板剤「プラビックス」の好調により利益増加スイス製薬大手のロシュはいわずと知れたインフルエンザ治療薬の「タミフル」より大幅な増益となりました。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  2. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  3. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  4. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  5. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  6. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  7. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  8. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  2. 化学に関係ある国旗を集めてみた
  3. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  4. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  5. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  6. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  7. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  8. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-
  9. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  10. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP