[スポンサーリンク]

ケムステニュース

世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位

世界の製薬大手の2005年決算がほぼ出そろい、売上高を順調に伸ばす欧州企業と、苦戦気味の米上位の明暗が浮き彫りになった。日本勢では武田薬品工業の 14位が最高で、第一三共は16位、アステラス製薬は17位に食い込んだ。大型医薬品の販売動向や特許切れ対策で順位が入れ替わる構図になっている。(引用:日本経済新聞

 いまだ日本の製薬業界は世界規模に比べると小さいようです。武田薬品工業は2004年と同様の14位となりました。アステラス製薬と第一三共は互いに順位が入れ替わっただけです。

 

 首位の米製薬大手ファイザーは主力製品の高脂血症治療薬「リピトール」の売り上げが鈍化しているようです。同様に米製薬大手のメルクは販売停止に追い込まれ、多くの訴訟が起こった関節炎治療薬「バイオックス」の影響をもろに受けた模様。一方、フランス製薬大手のサノフィ・アベンティスは特許切れを迎えていますが、抗血小板剤「プラビックス」の好調により利益増加スイス製薬大手のロシュはいわずと知れたインフルエンザ治療薬の「タミフル」より大幅な増益となりました。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米メルク、業績低迷長期化へ
  2. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  3. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に
  4. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  5. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  6. 2015年化学10大ニュース
  7. 秋の褒章2009 -化学-
  8. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  2. 多重薬理 Polypharmacology
  3. キニーネ きにーね quinine
  4. ピセン:Picene
  5. 有機化学美術館が来てくれました
  6. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  7. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  8. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  9. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  10. オーラノフィン (auranofin)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP