[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正

[スポンサーリンク]

cymbalta.gif

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米製薬大手のイーライ・リリー(NYSE:LLY)が24日発表した4-6月期決算は、買収関連費用で19%の減益となったものの、抗うつ剤「シンバルタ」の売り上げが大きく伸び、20%増収となった。リリーは2007年通期の業績見通しを上方修正した。

 4-6月期の「一般に認められた会計原則」(GAAP)ベースの純利益は6億6360万ドル(前年同期は8億2200万ドル)、1株利益は61セント(同76セント)。リリーが4月に示した見通しの50-52セントを上回った(引用:日本経済新聞)。

 なんだか題名がおかしい気がと思ったら、19%の損益はハイプニオンとアイビー・アニマル・ヘルスを買収した際にかかった費用等で、実際の売上はかなりのアップとなりました。

 特に抗うつ剤「シンバルタ」(Cymbalta)の売り上げが20%も伸びているそうですね。抗うつ剤の売り上げが伸びているのはイーライ・リリーだけではなく、他の企業もほぼ増収を見込んでいます。会社としてはうれしいことですが、なんだか複雑ですね。

? ところでイーライ・リリーの主力製品は統合失調症治療薬「ジプレキサ」。世界では神経科学史上、最も成功した製品といわれ、なんと四半期で12億ドルもの売り上げをあげています。

a9d8c6e9.jpg

 他には他者に若干知名度は負けていますが、ED(勃起障害)治療薬「シアリス」、さらにブラックジャックによろしく(漫画)を読んだ方はよく知っていると思われる、化学療法薬「ジェムサール」なども、前年同四半期にくらべ同等かそれ以上の売り上げをあげています。

 そのため、それまで10%強の売上伸び率を見込んでいましたが、13~19%の伸び率に上方修正しました。

  • 関連リンク

日本イーライリリー株式会社 米国イーライリリー社の日本法人

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険…
  2. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  3. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発
  4. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  5. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  6. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  7. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…
  8. サリドマイド、がん治療薬に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  2. 美しい化学構造式を書きたい方に
  3. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  4. English for Presentations at International Conferences
  5. 道修町ミュージアムストリート
  6. メタンハイドレート Methane Hydrate
  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  8. エピジェネティクス epigenetics
  9. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  10. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP