[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正

[スポンサーリンク]

cymbalta.gif

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米製薬大手のイーライ・リリー(NYSE:LLY)が24日発表した4-6月期決算は、買収関連費用で19%の減益となったものの、抗うつ剤「シンバルタ」の売り上げが大きく伸び、20%増収となった。リリーは2007年通期の業績見通しを上方修正した。

 4-6月期の「一般に認められた会計原則」(GAAP)ベースの純利益は6億6360万ドル(前年同期は8億2200万ドル)、1株利益は61セント(同76セント)。リリーが4月に示した見通しの50-52セントを上回った(引用:日本経済新聞)。

 なんだか題名がおかしい気がと思ったら、19%の損益はハイプニオンとアイビー・アニマル・ヘルスを買収した際にかかった費用等で、実際の売上はかなりのアップとなりました。

 特に抗うつ剤「シンバルタ」(Cymbalta)の売り上げが20%も伸びているそうですね。抗うつ剤の売り上げが伸びているのはイーライ・リリーだけではなく、他の企業もほぼ増収を見込んでいます。会社としてはうれしいことですが、なんだか複雑ですね。

? ところでイーライ・リリーの主力製品は統合失調症治療薬「ジプレキサ」。世界では神経科学史上、最も成功した製品といわれ、なんと四半期で12億ドルもの売り上げをあげています。

a9d8c6e9.jpg

 他には他者に若干知名度は負けていますが、ED(勃起障害)治療薬「シアリス」、さらにブラックジャックによろしく(漫画)を読んだ方はよく知っていると思われる、化学療法薬「ジェムサール」なども、前年同四半期にくらべ同等かそれ以上の売り上げをあげています。

 そのため、それまで10%強の売上伸び率を見込んでいましたが、13~19%の伸び率に上方修正しました。

  • 関連リンク

日本イーライリリー株式会社 米国イーライリリー社の日本法人

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  2. TSMCを支える化学企業
  3. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  6. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  7. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  8. 水の電気分解に適した高効率な貴金属フリーの電極が開発される:太陽…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  2. ChemRxivへのプレプリント投稿・FAQ
  3. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  4. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  5. HTTPS化とサーバー移転
  6. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  7. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  8. 博士の学位はただの飾りか? 〜所得から見た学位取得後のキャリア〜
  9. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法
  10. 「オプジーボ」の特許とおカネ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP