[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正

[スポンサーリンク]

cymbalta.gif

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)米製薬大手のイーライ・リリー(NYSE:LLY)が24日発表した4-6月期決算は、買収関連費用で19%の減益となったものの、抗うつ剤「シンバルタ」の売り上げが大きく伸び、20%増収となった。リリーは2007年通期の業績見通しを上方修正した。

 4-6月期の「一般に認められた会計原則」(GAAP)ベースの純利益は6億6360万ドル(前年同期は8億2200万ドル)、1株利益は61セント(同76セント)。リリーが4月に示した見通しの50-52セントを上回った(引用:日本経済新聞)。

 なんだか題名がおかしい気がと思ったら、19%の損益はハイプニオンとアイビー・アニマル・ヘルスを買収した際にかかった費用等で、実際の売上はかなりのアップとなりました。

 特に抗うつ剤「シンバルタ」(Cymbalta)の売り上げが20%も伸びているそうですね。抗うつ剤の売り上げが伸びているのはイーライ・リリーだけではなく、他の企業もほぼ増収を見込んでいます。会社としてはうれしいことですが、なんだか複雑ですね。

? ところでイーライ・リリーの主力製品は統合失調症治療薬「ジプレキサ」。世界では神経科学史上、最も成功した製品といわれ、なんと四半期で12億ドルもの売り上げをあげています。

a9d8c6e9.jpg

 他には他者に若干知名度は負けていますが、ED(勃起障害)治療薬「シアリス」、さらにブラックジャックによろしく(漫画)を読んだ方はよく知っていると思われる、化学療法薬「ジェムサール」なども、前年同四半期にくらべ同等かそれ以上の売り上げをあげています。

 そのため、それまで10%強の売上伸び率を見込んでいましたが、13~19%の伸び率に上方修正しました。

  • 関連リンク

日本イーライリリー株式会社 米国イーライリリー社の日本法人

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化
  2. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  3. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  4. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  5. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  6. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  7. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  8. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  2. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授
  3. 水素結合水H4O
  4. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  5. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  6. 無保護アミン類の直接的合成
  7. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  8. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  9. アズレンの蒼い旅路
  10. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP