[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

鋳型合成 Templated Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

通常、環化による大環状化合物の合成には、望ましくない分子間反応を避けるために高度希釈法を用いるなどの工夫が必要となる。一方でクラウンエーテルなどの環形成には、環の大きさに見合う金属イオンを共存させ、環化に都合のよい状態を作り出すことができる。

一般に、適切なゲスト分子を選ぶことで望みのホスト分子を選択的に合成することが出来る。これを鋳型合成という。

基本文献

 

反応機構

適当な陽イオンに配位することで、環化に適した位置関係から反応が進行する。
templated_2.gif

反応例

近年ではこの考え方を発展させ、カテナンやボロミアンリング[1]などのMechanically
Interlocked Moleculesを、高効率的に合成することにも成功している。
templated_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Stoddart, J. F. et al. Science 2004304, 1308. DOI: 10.1126/science.1096914

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  2. ルーシェ還元 Luche Reduction
  3. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  4. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  5. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  6. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…
  7. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  8. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hyd…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  2. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  3. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  4. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  5. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  6. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  7. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  8. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  9. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授
  10. Callipeltosideの全合成と構造訂正

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP