[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

鋳型合成 Templated Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

通常、環化による大環状化合物の合成には、望ましくない分子間反応を避けるために高度希釈法を用いるなどの工夫が必要となる。一方でクラウンエーテルなどの環形成には、環の大きさに見合う金属イオンを共存させ、環化に都合のよい状態を作り出すことができる。

一般に、適切なゲスト分子を選ぶことで望みのホスト分子を選択的に合成することが出来る。これを鋳型合成という。

基本文献

 

反応機構

適当な陽イオンに配位することで、環化に適した位置関係から反応が進行する。
templated_2.gif

反応例

近年ではこの考え方を発展させ、カテナンやボロミアンリング[1]などのMechanically
Interlocked Moleculesを、高効率的に合成することにも成功している。
templated_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Stoddart, J. F. et al. Science 2004304, 1308. DOI: 10.1126/science.1096914

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  2. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  3. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  4. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  5. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  6. 求電子的フッ素化剤 Electrophilic Fluorina…
  7. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  8. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  2. エンテロシン Enterocin
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  4. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  5. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授
  6. 秘密保持契約(NDA)
  7. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  8. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献
  9. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohlau Indole Synthesis
  10. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP