[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

ケムステ記事ランキングまとめ

2009年から毎年最も人気のあった上位5記事を紹介しています。どんな記事が人気があったのでしょうか。振り返ってみてはいかがでしょうか。

2016

セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】

先端論文を紹介する機会としての文献セミナー・抄録会などは、どこの研究室でも開催されていると思います。近年ではそこで使った解説資料(handout)をWeb公開しているラボがかなり増えています。またラボの主宰者(PI)が担 […]
0 comments

オルト−トルイジンと発がんの関係

 発がん性が指摘される化学物質「オルト−トルイジン」を扱う福井県の化学工場で従業員ら5人がぼうこうがんを発症した問題で、厚生労働省は22日、他にも4工場の6人が発症していたと発表した。ただ、業務の状況などからオルト−トル […]
0 comments

【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

かねてより全世界が待ち望んでいた新元素の命名。特に今回は日本発・113番元素が檜舞台に上がるということで、国内でもかつてない注目を集めていました。 実は今回は113番のみならず、115番・117番・118番も加えた計4つ […]
0 comments

和光純薬を富士フィルムが買収へ

富士フイルムホールディングスが武田薬品工業の試薬品子会社、和光純薬工業(大阪市)の買収を検討していることが22日、分かった。武田が売却に向けた入札を8月にも実施する見通しだ。富士フイルムのほか英投資ファンドなども関心を示 […]
0 comments

【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

 スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は5日、2016年のノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)を、フランスのジャンピエール・ソ […]
0 comments

続きはこちら

2015年

ChemDrawの使い方 【基本機能編】

言わずと知れた構造式作画ソフトChemDraw (現在はChemBioDrawと名を変えています)。 化学者にとって無くてはならないソフトの一つながら、機能を充分に使えている人は、少ないんではないでしょうか?筆者もそんな […]
0 comments

論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!

レオです。突然ですが、皆さんどのように文献管理をしていますか? 私は以前は、Web of ScienceやSciFinderといった学術文献データベースで論文を検索し、pdfデータをダウンロード、といった方法で論文を管理 […]
0 comments

新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは

レオです。今回はここ最近太陽電池業界を賑わせている話題の太陽電池であるペロブスカイト(perovskite)太陽電池について紹介します。お時間のある方はどうぞお読みください。 The following two tabs […]
0 comments

炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2

Tshozoです。だいぶ間があいてしまいました。とりあえず前回は炭素繊維の歴史と製造方法などを中心に概要を述べてきました。今回は出来上がったものを鉄とアルミと比較し、どういう位置づけの材料なのかをまとめてみましょう。・・ […]
0 comments

投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??

  いよいよ差し迫って参りました、ノーベル賞ウィーク! 待望の化学賞は日本時間 10月7日(水) 18時45分に発表となります。「有機化学4~5年周期説」を信じるならば、今年は有機化学の受賞期待が否が応でも高まる年と言え […]
0 comments

続きはこちら

2014年

STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編

世間をあっと言わせ、たちまち時の人に。 蓋を開けてみるとなんだかはっきりしないものだった。 科学と社会が抱える様々な問題が浮き彫りになったSTAP細胞フィーバーですが、今後の展開に目が離せません。その寸評は様々なサイトで […]
0 comments

ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~

ヤモリの足の概観 キモイですねー(画像出典はこちら)  以前から注目していた研究成果を展開致します The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 T […]
0 comments

なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編

青色LEDにまつわるお話、前回の「基礎的な研究背景編」に引き続き参りましょう。 現在のLED製造に関わる企業群 現在韓国企業群の猛追を受けているのが日亜化学 ロゴは各社HPから引用  Tshozoです。早速いきます。前回 […]
0 comments

液体ガラスのフシギ

  ウェブ散策をしていて気になった技術を紹介します Tshozoです。 今回少し以前から気になっていた技術を紹介します。それは、「液体ガラス(Liquid Glass)」のことです。 ガラスが液体? というのも […]
0 comments

生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心

今回はScience誌より、わずか1ページながら含蓄ある論文をご紹介します。 “Bioactive Contaminants Leach from Disposable Laboratory Plasticw […]
0 comments

続きはこちら

 

2013年

科学を理解しようとしない人に科学を語ることに意味はあるのか?

  ケムステーションが2012年の化学コミュニケーション賞をとりました。ぼくもケムステーションで記事を書かせてもらって1年半がたち、自分的には満足度の高い記事も、そうでない記事もあったのですが、総体的にみてとて […]
0 comments

ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!

  深夜、化学者なら誰でも妄想にふけることがあるでしょう。 「すべての分子の構造が目で見えたらなあ…」 もう少し、”リアルな妄想”でいえば、 「なんでも試料を結晶化出来る方法 […]
0 comments

フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

今まで「自分が小さくなってフラーレンの中に入ってみたらどうなるんだろうか」と考えてみたことはありますか。フラーレンの中には、ある種の核反応まで早くしてしまうほどの、不思議空間が広がっています。
0 comments

前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表

  巷はハロウィーンムード一色ですね。お菓子をねだる子供の幽霊はかわいいものですが、趣向を変えて不気味な幽霊が引き起こしたミステリーをひとつ紹介しましょう。 ミステリーとはずばり、自分の研究が幽霊によって先に発 […]
0 comments

科研費の審査員を経験して

さて、研究者の皆様におかれましては、【科学研究費補助金】の申請書作成がいろいろな意味で終了したころではないかと思います。かくいう私も、いろいろな意味で終了しました。良くあることなのですが、「来年こそはがんばろう」、という […]
0 comments

続きはこちら

 

2012年

「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?

 「科学者として取り組むべき研究テーマは、どういう指針で選ぶべきなのか?」―これは研究者なら誰しも頭を悩ませる問題でしょう。プロとして現実的に生き残っていくためには、純粋興味のみに依るのではなく、ある程度現実を見据えたテ […]
0 comments

「重曹でお掃除」の化学(その2)

  炭酸水素ナトリウム、通称重曹についてのお話です。前回の続きです。 前回は「重曹」という名前の由来と、ベーキングパウダーとしての利用で終わってしまいました。 今回は本題の「なぜお掃除に重曹がいいか」という話に […]
0 comments

ダイヤモンドは砕けない

ダイヤモンドがなぜ磨けるのか、分子動力学シミュレーションを行ったところによると、ただ単に物理変化で砕けているだけではなく、研磨の秘訣には酸素分子との化学反応が関与していることが、明らかになりました。
0 comments

シリカゲルの小ネタを集めてみた

    有機化学者が日々使っているシリカゲル。その意外と知っているようで実は知らなかった「小ネタ」を集めてみました。 The following two tabs change content below.この […]
0 comments

【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」

  ケムステでも大々的にFacebook連動予想企画を行ってきました化学賞、またもや見事に外しました・・・がっくし。栄えある受賞者は両者とも米国の研究者で、デューク大学のRobert J. Lefkowitz […]
0 comments

続きはこちら

 

2011年

ひどい論文を書く技術?

優れた論文を書くためのノウハウ文は、世の中に多数存在しています。しかし「ひどい論文を書く技術」を述べた文はというと、そうそうお目にかかれはしないでしょう。 Analytical Chemistry最新号のEditoria […]
0 comments

有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」

 僕はブラウザを閉じて、局所排気装置(ドラフト)に向かった。 ドラフトのガラス戸を持ち上げ、反応を行なっているフラスコのガラス栓を外す。ガラス製のキャピラリーを反応溶液にちょんと浸け、ほんの少しだけ中身を吸い取る。急いで […]
0 comments

ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ

 年に1度の祭典?ノーベル化学賞。あと2時間ほどで発表となります。ケムステを含めまして各所で予測されていますが、それぞれ確認するのがめんどくさいというのと、報道関係者がまとめが欲しいということなので候補者のまとめページを […]
0 comments

【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!

  スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2011年のノーベル化学賞を、イスラエル工科大特別教授のダニエル・シェヒトマン博士(70)に贈ると発表した。   授賞理由は「準結晶の発見」。賞金として1000万スウェ […]
0 comments

茨城の女子高生が快挙!

    Rebirth of a Dead Belousov-Zhabotinsky Oscillator Onuma, H.; Okubo, A.; Yokokawa, M.; Endo, M.; […]
0 comments

続きはこちら

 

2010年

Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

  先週末に行われました、センター試験。 筆者自身コレを受験したのはもう10年以上前のことなんで、高校化学かいやはや懐かしいなぁ、なんてことを思いながらニュースを見ておりました。 ・・・ふと魔が差したのでしょう。この10 […]
0 comments

化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版

化学の世界に限らず研究者たるもの、英語での論文執筆は必須のスキルです。 しかし、英語の苦手な日本人研究者にとっては、現実的に大変ストレスフルな作業の一つでもあります。とりわけ英語論文を書き慣れていない学生・院生・若手研究 […]
0 comments

人前ではとても呼べない名前の化合物

化学の世界は広し歴史は長しで、「これはちょっと・・・」と発声を躊躇してしまうような名前の化学物質があります。 今回はそういう「妙な名前の化合物」のうち、特にアダルト風味・下ネタテイストただようシロモノをご紹介しましょう。 […]
0 comments

最強の文献管理ソフトはこれだ!

  いままでこの「化学者のつぶやき」においてもいくつかの”研究活動に役立つソフトウェア、Web“を紹介してきました。そこでも毎回述べている通り、昨今のそれらは化学研究ライフハックとして十 […]
0 comments

【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を根岸英一・米パデュー大学特別教授と鈴木章・北海道大学名誉教授ら3氏に授与すると発表した。高血圧症の治療薬や液晶材料など多様な工業物質の製造に必須の合成法を […]
0 comments

続きはこちら

 

2009年

日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫

  グローバル化の流れにある現在、化学の世界に限らず、英会話スキルは各方面で必要不可欠となりつつあります。しかし日本の英語教育はちょっとどころではなくアレで、読み書きは何とかできても、聴きとれないし喋れない人間 […]
0 comments

水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

Reductive and Transition-Metal-Free: Oxidation of Secondary Alcohols by Sodium Hydride Wang, X.; Zhang B.; Wan […]
0 comments

顕微鏡で有機分子の形が見えた!

(画像は論文より転載) The Chemical Structure of a Molecule Resolved by Atomic Force Microscopy. L. Gross et al. Science […]
0 comments

2009年ノーベル化学賞は誰の手に?

9月に入り、朝夜は涼しくなってきたこのごろ、気づいたらもう発表まであと1ヶ月と迫ってきましたノーベル賞。毎年、Chem-Stationではノーベル化学賞に注目して、発表前の予想から、発表後の人物、研究紹介を行ってきました […]
0 comments

科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”

  既に海外のメディアでは大きく取り上げられており、日本でも数々のサイトで取り上げられていることなのでご存知の方も多いかと思いますが、去る11月に起きた、「Climategate事件」についてのつぶやきです。( […]
0 comments

続きはこちら

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  3. 論文執筆ABC
  4. 日本人化学者による卓越した化学研究
  5. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  6. 化学業界と就職活動
  7. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  8. 身近なカガクを説明した記事まとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  2. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  3. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  4. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis
  5. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  6. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  7. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  8. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  9. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成
  10. TBSの「未来の起源」が熱い!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP