[スポンサーリンク]

一般的な話題

ゾウががんになりにくい本当の理由

「ゾウはなぜ、がんになりにくいのだろうか?」。

ある科学者が投げかけた難問に、1つの答えがでそうだ。

記事はネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)の出版している日本語の科学まとめ雑誌である「Natureダイジェスト」12月号から。最近、個人的に興味を持った記事を定期的に紹介しています*。過去の記事は以下のとおり。

12月号は、記事タイトルをみて最も気になった「ゾウはなぜ、がんになりにくいのか」という記事から。

 

Petoのパラドックスに解法が?

1970年に上記の疑問を投げかけたオックスフォード大学の疫学者Richard Peto。通常、ゾウのような大きな動物や、高齢の動物は細胞分裂をたくさんしている分だけ、変異の確率が高く、すなわちがんになりやすいはず。

それにもかかわらずゾウはがんになりにくい。

Petoは細胞ががん化しないようにする生物学的疑問がもともと備わっているのではないかと推測した。

この動物の体の大きさとがんになりやすさの関係のパラドックス(矛盾)を「Petroのパラドックス」といい、40年近くのあいだ難問とされてきたのです。

2015-12-06_00-49-09

Richard Peto (画像:IEA)

その矛盾に対する1つの答えが最近でました。記事によると、なんとゾウのゲノムにはガン抑制遺伝子「p53遺伝子」のコピーが20個も存在していたというのです。ヒトやその他の哺乳類には1コピーしか存在しない。

 

P53遺伝子

P53遺伝子(画像:wikipediaより)

p53遺伝子は、細胞ががん化した際にアポトーシス(細胞の自殺)を起こさせる。ゾウの細胞はDNAが損傷したときDNA修復するよりも発生した原因を早めに摘み取るという機構がうまくできているということでした。

 

SNSのチカラで未知の化石人類を探索する

「古人類学に携わる全ての人々の協力が必要です」

2013年10月、こう”話した”のは南アフリカ、ウィットウォーターズランド大学のLee Berger。話した、もとい、正確には”書いた”場所はソーシャルメディアFacebook。なんと、化石人骨の発掘協力者をソーシャルメディアを使って募集したのです。

その目的は、南アフリカ、ヨハネスブルグに位置するライジング・スター洞窟に眠る、未知の初期人類と思われる人骨発掘。その洞窟は、通称「スーパーマン・クロール」と呼ばれる、高さが25cm以下の細穴を通らなければいけませんでした。

ライジングスター洞窟(10.1126/science.aad1728)

ライジングスター洞窟(出典:Sience DOI: 10.1126/science.aad1728

 

その募集に60人ほどの候補者から、選んだのは何れも若くスリムな女性6名。Bergerは彼女らを「地下の宇宙飛行士」と呼んだ。

「地下の宇宙飛行士6名」(出典:Platypus)

「地下の宇宙飛行士6名」(出典:Platypus)

彼女らが発掘に成功した人骨は少なくとも15体以上。これまでの化石人類とは異なる特徴が見られたため「ホモ・ナレディ」(現地のことばで「星の人」の意味)と名付け、その研究結果を矢継ぎ早に論文誌に報告している。記事では、その経緯と、内容について紹介しています。

ソーシャルメディアの研究をつなげる大変良い方法だと感じました。それにしても、宇宙や考古学などにはロマンが感じられますね。楽しく読むことができました。専門家にはロマンが感じられても一般的には全くわからないこと、化学には多いんだよなあ。

 

分子部品が分子マシンに変わる日

  「15年後には、分子マシンが科学と材料設計の中核と見なされるようになるでしょう。」

そう語るのはマンチェスター大学の化学者David Leigh教授。これが今月号でもっとも化学と関係する話題ですが、これまで分子部品としてつくってきた、モーターや歯車、アームなどが組み合わさって分子マシンとして変わる日が近づいているというのです。

どうして15年後かはわかりませんが、最近報告されたMOFを組み込んだ分子スイッチ(DOI:10.1038/nchem.2258 関連記事:

固体なのに動くシャトリング分子)、光スイッチング可能な抗がん剤(DOI:10.1016/j.cell.2015.06.049)、人口分子ポンプ(DOI: 10.1038/nnano.2015.96)など、多くの”分子マシン”が報告されつつ有ります。分子を使ったお遊びといわれていた時代から一皮むけた研究に進んでいることは確かです。

2015-12-10_05-16-14

最近の分子マシンの一例

 

本記事では、最近の研究の流れと内容を、分野の第一人者にインタビューしながら詳しく紹介しています。

 

その他の記事

その他にも今月号では、2015年のノーベル化学賞物理学賞医学生理学賞に関する記事や、洗顔クリームなどに含まれるマイクロビーズが海を汚染していることに対する警告(海洋汚染と引き換えの美しい肌なんていらない)、学習障害のある小児の脳を”刺激”して改善する研究(小児への脳刺激の有望性と懸念)など面白い記事が満載です。

前回、我々の研究を紹介していたJapanese Authorでは、今回、理化学研究所の平野達也主任研究員を紹介しています。平野研究員は、精子の核に含まれる染色質(クロマチン)と精製タンパク質6種だけで、試験管内で染色体を形作る実験系の開発に成功しています。

 

 

最先端科学研究の動向をおおまかにフォロー

というわけで、Natureダイジェストの12月号の内容を少しだけ紹介しましたが、やっぱりいいですね。と同時に、やはりネイティブの方は異分野の記事でもスラスラ読めるのは羨ましい気がします。インターネットでなんでも調べられる世の中ではありますが、最先端科学研究の動向を正確に日本語で読めるのはこのオンライン雑誌だけだと思いますので、。興味のある方はぜひ購読を!

 

*本記事はNatureダイジェストの内容を筆者が個人的な感想を含めて紹介したものであり、記事自体の内容とは異なります。

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. クリック反応の反応機構が覆される
  2. B≡B Triple Bond
  3. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)…
  5. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  6. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  7. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  8. PACIFICHEM2010に参加してきました!④

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得
  2. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  3. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  4. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  5. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  6. ポットエコノミー Pot Economy
  7. ぼっち学会参加の極意
  8. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  9. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  10. 2009年6月人気化学書籍ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP