[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ひどい論文を書く技術?

優れた論文を書くためのノウハウ文は、世の中に多数存在しています。しかし「ひどい論文を書く技術」を述べた文はというと、そうそうお目にかかれはしないでしょう。

Analytical Chemistry最新号のEditorial(doi:10.1021/ac2000169)は、まさにそんな内容となっています。

その栄えあるタイトルは“Skillful writing of an awful research paper” (笑)


ここでは「退屈で、紛らわしく、誤解を招き、情報価値のない論文を書く技術」が、ご丁寧に7つの法則としてまとめられています。

かいつまんでみますと、

法則1. 研究目的を一番最初に説明しない

法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく

法則3. 簡潔な論文を書くべく、図に説明文やラベルを全く書かない

法則4. 複雑な概念には短い略語を、単純な概念には長い略語を使う

法則5. 自らの主張を支持しつつも、その根拠がほとんどない論文だけ引用する

法則6. 科学論文は堅苦しくあるべきとして、オリジナルフレーズやユーモアを全く使わない

法則7. 完全なるオリジナルアイデアから生まれたものであるべく、結果の解釈、研究のインパクト、他研究との関係性を書かない

・・・勘のよい人はもうおわかりですね? これらはすべて「良い論文を書く秘訣」の裏返しなのです。つまりはこれを反面教師に、良い論文を書いて投稿しよう!ということを皮肉交じりに言ってるのです。

日本語構造に馴染んだ身としては、法則2などは往々にしてやりがちなことですし、生真面目な日本人からしてみれば、法則6などは意外性ある指摘でしょう。いやはや、なかなかタメになりますね。

ただ、こんなEditorialを書かねばならないほどに、読むに耐えない論文の投稿が最近多いのだろうか?・・・といろいろ勘ぐらざるを得ませんね(笑)

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.c…
  2. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  3. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  4. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  5. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子…
  6. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  7. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  8. 私が思う化学史上最大の成果-2

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (34)

  1. これは良い反面教師

  2. 日常会話がこうなっちゃってるヒトがいます.論文は(査読審査委員は別として)読まなければ済むけど,実生活ではねぇ以下略.

  3. "法則6. 科学論文は堅苦しくあるべきとして、オリジナルフレーズやユーモアを全く使わない"←これに当てはまらない論文にはあまりお目にかからない気がする。

  4. 肝に

  5. ひどい論文を書く技術? – 化学者のつぶやき -Chem-Station-: ひどい論文を書く技術? – 化学者のつぶやき -Chem-Station-優れた論文を書くためのノウハウ文は、世の中に多数存在しています。しかし「…

  6. 《法則1. 研究目的を一番最初に説明しない》《法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく》

  7. 良い文章を書くためのヒントになるかもしれないのでブクマ。

  8. "「良い論文を書く秘訣」の裏返し"

  9. @sho_chan_bot [Shared Item] RT: ひどい論文を書く技術? – 化学者のつぶやき -Chem-Station- – B!

  10. ひどいブログを書く技術 1.記事の途中に広告バナーを置く 2.記事の要点はスクロールしないと見れない場所に書く

  11. 6の回避は難しい…

  12. 研究目的は最初に、実験結果を初めに書く。図に説明文ラベル。複雑な概念は長く単純な概念は短い略語。主張には根拠。オリジナルフレーズやユーモアも盛り込む。結果の解釈・研究のインパクト・他研究との関係を書く

  13. うらがえすだけであらふしぎ

  14. 法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく

  15. グチはもっともだが、くれぐれも上手に書かれた捏造論文や偽科学論文を掲載しないように。

  16. かいつまんでみますと、

    法則1. 研究目的を一番最初に説明しない

    法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく

    法則3. 簡潔な論文を書くべく、図に説明文やラベルを全く書かない

    法則4. 複雑な概念には短い略語を、単純な概念には長い略語を使う

    法則5. 自らの主張を支持しつつも、その根拠がほとんどない論文だけ引用する

    法則6. 科学論文は堅苦しくあるべきとして、オリジナルフレーズやユーモアを全く使わない

    法則7. 完全なるオリジナルアイデアから生まれたものであるべく、結果の解釈、研究のインパクト、他研究との関係性を書かない

    ・・・勘のよい人はもうおわかりですね? これらはすべて「良い論文を書く秘訣」の裏返しなのです。つまりはこれを反面教師に、良い論文を書いて投稿しよう!ということを皮肉交じりに言ってるのです。

  17. 法則1. 研究目的を一番最初に説明しない 法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく 法則3. 簡潔な論文を書くべく、図に説明文やラベルを全く書かない 法則4. 複雑な概念には短い略語を、

  18. わかる

  19. へー

  20. ネタとして

  21. 反面教師として役立つな。

  22. ただいま論文執筆中なので、参考にさせていただく。

  23. ユーモアも必要とな

  24. オリジナルフレーズやユーモアを入れるのって難しいんじゃ…。特に日本人が英語で書く時には。/多母神論文には「参考文献を示さない」とか「そもそも研究してない」という特徴も…あれは“論文”ですらないのかな。

  25. おもしろい

  26. 参考にする

  27. 法則1. 研究目的を一番最初に説明しない 法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく 法則3. 簡潔な論文を書くべく、図に説明文やラベルを全く書かない 法則4. 複雑な概念には短い略語を、

  28. 《法則6. 科学論文は堅苦しくあるべきとして、オリジナルフレーズやユーモアを全く使わない》。

  29. ユーモア大事.

  30. 法則1. 研究目的を一番最初に説明しない

    法則2. 実験結果をはじめに書かず、ミステリー小説のように小出しにしていく

    法則3. 簡潔な論文を書くべく、図に説明文やラベルを全く書かない

    法則4. 複雑な概念には短い略語を、単純な概念には長い略語を使う

    法則5. 自らの主張を支持しつつも、その根拠がほとんどない論文だけ引用する

    法則6. 科学論文は堅苦しくあるべきとして、オリジナルフレーズやユーモアを全く使わない

    法則7. 完全なるオリジナルアイデアから生まれたものであるべく、結果の解釈、研究のインパクト、他研究との関係性を書かない

  31. ビジネス文章も同じだね

  32. ためになるw / ひどい論文を書く技術? – 化学者のつぶやき -Chem-Station-

  33. 論文以外でも同じ気がする.

  34. 論文に限らず、ビジネス文書やプレゼン資料にも共通するところが多いように思う。

注目情報

ピックアップ記事

  1. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  3. (+)-sieboldineの全合成
  4. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  5. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  6. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  7. 元素名と中国語
  8. 化学は地球を救う!
  9. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  10. もっとも単純な触媒「プロリン」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP