[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心

今回はScience誌より、わずか1ページながら含蓄ある論文をご紹介します。

“Bioactive Contaminants Leach from Disposable Laboratory Plasticware”
McDonald, G. R.; Hudson, A. L.; Dunn, S. M. J.; You, H.; Baker, G. B.; Whittal, R. M.; Martin, J. W.; Jha, A.; Edmondson, D. E.; Holt, A.
Science 2008, 322, 917. DOI: 10.1126/science.1162395

著者のAndrew Holtらは、モノアミンオキシダーゼB(MAO-B)を使う研究を行っている際、酵素活性に説明できないぶれが生じることに気づきました。

なぜぶれるのだろうと考え調べていったところ、なんと使い捨てのプラスチック製実験器具が原因であることが分かったのです。

生化学実験に使われるプラスチック器具は品質もお墨付きですが、そうはいっても製造過程で使われる可塑剤・洗浄剤などはごくごく僅かに残存しうるようです。実験手順によってはそれが溶け出し、結果に影響を与えることがあるというのです。

著者らの素晴らしいところはそれでお終いにせず、どういう検討条件で混入するのか(水を使うかDMSOを使うか)、容器の製造会社、はたまた試験管のサイズによっても違うのか・・・といったことまで事細かに精査し、その残留物が一体何なのかを質量分析によって突き止めている点にあります。

酵素活性のブレ(冒頭論文より引用/改変)

酵素活性のブレ(冒頭論文より引用/改変)

結論として以下の殺菌剤・潤滑剤が実験操作で混入しうることが明らかにされています。これら化合物の純品は、実際にMAO-Bの活性に大きく影響を与えるそうです。一方でこういった物質が使われないガラス器具を使う限り、一定の結果が得られるようです。

bioactive_contami_2

またピペットマンチップ、エッペンドルフチューブ、96穴ウェルなどからも、10%DMSOで何らかの化学物質が抽出されることが分かっているようです。

実験のウデとか誤差のせいにしてしまいがちなところを、ちゃんと原因を追いかけ突き止めているのは学ぶべき姿勢と言えるでしょう。
プラスチック製器具は生化学研究で日常的に使われるものですし、使い捨てなので毎回フレッシュな実験をしている気になってしまいます。しかしそれが実は影響要因になりうるという現実は、盲点になりやすいポイントではないでしょうか。

有機合成の現場でも金属中の痕跡量元素が実は真の触媒種だった、試験管やスターラーチップの洗い残し残渣が実は再現性の取れない理由だった、という話はしばしば耳にします。

この辺り、しっかりしたデータを出すラボほど、経験的・口伝的に注意を払う文化が醸成されているようにも思います。常日頃から気をつけておきたいですね。
ところで、この事実が「広く生化学系研究者の興味を惹くだろう」と見抜き、Science誌に投稿してしまう発想・決断(そして実際に受理されている!)は、なかなかに非凡なものがありはしないでしょうか?くだらないと思えるルーチン操作でも、価値付け次第では面白い話にできるという好例に思えました。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  2. MacでChem3Dー新たなる希望ー
  3. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  4. 個性あるTOC その②
  5. Z-選択的オレフィンメタセシス
  6. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  7. 窒素固定をめぐって-2
  8. Reaxys Prize 2012受賞者決定!

コメント

  1. 突き止める人も凄いけど、この論文を狙って見つけるのも結構大変な気がする

  2. 生化学にかぎらず微量分析系だと結構この手のコンタミ気にするよね。

  3. うーむ

  4. 使い捨てのプラスチック製実験器具の可塑剤・洗浄剤が溶け出し、実験に影響を与えることがあるという論文の紹介。

  5. 興味深い。

  6. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心 | Chem-Station

  7. 同一メーカー同一製品でロットによってどれだけ差が出るかも気になる。

  8. 無機物の微量元素分析しかやったことない身からすると、チップとかって酸とかで徹底的に洗ってから使うもんじゃないの?という感想。分野によってはそのまま使うものなの?

  9. 結構聞く話。化学物質のコンタミだけでなく、DNAフリーのチューブなのに、ヒトDNAがコンタミしていたとかいう話も。

  10. へぇ。PP製のピペットチップは吸引・射出時の表面張力を含め、有機溶媒を前提に作られていないわけで、微量成分が効く生化学系では稀にそういうことはあるのでしょうな。

  11. 微量な試料だと手の脂でもNMRで出ちゃうからなあ。怖い怖い。

  12. 半定量PCRがうまくいかないときに系にDMSOを加えるのって、相補鎖の結合性を調節するものと理解してたけど、案外この手のコンタミの影響を均してるだけだったのかもしれない……。

  13. これを見たあと自分のラボの器具を見るとあー、と納得してしまう

  14. 地味だけど、研究の非経験化に向けた称賛すべき内容だと思う。一方で、こういう知見をノウハウ・強みと考えて、公表を避ける判断をするラボもあると想像する。

  15. メモメモ_φ(・_・

  16. 確かにこの内容でScienceか。 さすがやな。

  17. こういうことは非常に重要。しかしscienceか……

  18. 後発メーカーの安いチューブを使うと危険性高まったりするのかな…。しかしよく気がついたというか、よくそこまで調べたというか…。/2008年の論文なのか。

  19. まさに失敗経験から生まれた同業者で共有すべき知見だよね

  20. アメリカの警察だったか殺人現場の捜査で同じDNAが検出されたから連続殺人かと思ったら、実は使っていた綿棒の工場で素手でポンと押し込んでいた人のDNAのコンタミだったと言うニュースをおもいだした。

  21. 実験手順によってはそれが溶け出し、結果に影響を与えることがあるというのです。 著者らの素晴らしいところはそれでお終いにせず、どういう検討条件で混入するのか(水を使うかDMSOを使うか)、容器の製造会社、はた

  22. 【Chem-Station】生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心「回はScience誌より、わずか1ページながら含蓄ある論文をご紹介します」

  23. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心 | Chem-Station

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  2. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  3. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  4. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  5. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  6. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  7. 花粉症対策の基礎知識
  8. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  9. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  10. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP