[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

2016年8月の注目化学書籍

夏真っ盛りですね。2016年8月のオススメ化学書籍を紹介します。出版社は主に化学同人東京化学同人ワイリー、そしてシュプリンガーです。

 

化学同人の注目化学書籍

からだのしくみを理解するための読み物形式の書籍。現在予約受付中。

現在のRNA研究に関する最新知見を基礎から解説。

 

東京化学同人の注目化学書籍

演習シリーズ。20年ぶりの新刊。2008年以降の主要大学の大学院入学試験問題を中心に、最近の傾向を踏まえ約300題を収載している。

工業有機化学の新刊。上巻はすでに昨年発売されている(工業有機化学―原料多様化とプロセス・プロダクトの革新〈上〉)。セットで購入してはいかが?

天然物化学の権威、上村大輔先生の新書。読み物形式。

 

ワイリーの注目化学書籍

アセチルサリチル酸だけで本になっちゃうのかよ!と海外の書籍の幅を考えさせれれる一冊。

水素結合、π-π相互作用、疎水性相互作用など非共有結合が関連する化合物やその合成など。

 

シュプリンガーの注目化学書籍

抗生物質や関連する医薬品に関してのテキストブックです。

Topics in Heterocyclic Chemistryから、金触媒を用いたヘテロ環の合成や官能基化法に関する最新技術のまとめ。

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. まんがサイエンス
  2. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  3. ベーシック反応工学
  4. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  5. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  6. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  7. 化学オリンピック完全ガイド
  8. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  2. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  3. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  4. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  5. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  6. ジョン・スティル John K. Stille
  7. 分子光化学の原理
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  9. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  10. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP