[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

日本学術振興会賞受賞者一覧

[スポンサーリンク]

日本学術振興会賞(JSPS Prize)は国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、毎年20件程度の

(1) 45歳未満
(2) 博士の学位を取得(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む。)
(3) 日本国籍を有する者又は外国人であって推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定

の研究者が受賞できる。授賞数は毎年度20件程度とし、受賞者には、副賞として研究奨励金110万円を贈呈される。また、日本学術振興会賞受賞者の中から特に優れた者6名以内に、日本学士院学術奨励賞が授与される。すなわち例えれば日本化学会でいう「進歩賞」をオール学問対象に拡大したものになる。

2004年から行われており、受賞した化学者は次の通りである(画像:日本学術振興会HPより)。


ちなみにiPS細胞の山中教授は2006年に受賞している。

2020年(第十六回)

山下 誠(名大院工) 高反応性ホウ素化合物の創製とその特異な反応性の解明
依光 英樹(京大院理)京都大学 大学院理学研究科 教授
松田 亮太郎(名大院工)ナノポーラス金属錯体による分子認識および捕捉機能に関する研究

2019年(第十五回)

合田 圭介(東大院理)超高速イメージング法・分光法の開発とその基礎科学・ 産業・医療への応用
田中 克典 (理研) 糖鎖ドラッグデリバリーシステムによる生体内での有機合成化学
中尾 佳亮(京大院工)新たな金属触媒系の開発による不活性結合の活性化・変換手法の創出
柳井 毅(名大ITbM) 多電子理論に基づく量子化学計算法の開発と大規模計算への展開

2018年(第十四回)

山東 信介(東大院工) 生体系の分子計測・イメージングにおける画期的NMR分子プローブの開発

2017年(第十三回)

村上 裕(名大院工)非天然アミノ酸を含むペプチドの翻訳合成
正岡 重行(分子研) 金属錯体を触媒とする酸素発生反応

2016年(第十二回)

植村 卓史(京大理) ナノ空間を利用した精密重合法の開発と特異な物性発現
前田 理(北大理) 化学反応経路を自動探索するための理論手法の開発

2015(第十一回)

駒場 慎一(東理大理) 次世代蓄電池の電極材料研究
田中 敬二(九大工) 高分子界面における局所構造・物性の評価法確立と高分子の機能化に関する研究

2014年(第十回)

伊丹 健一郎(名大理) 芳香環連結分子の精密迅速合成法の開発と応用
岡本 晃充(東大先端研) 化学を基盤とした核酸機能観察系の構築
陰山 洋(京大工) 低温合成法を用いた機能性遷移金属酸化物の開発

2013年(第九回)

大友 明(東工大理工) 高品質酸化物絶縁体界面での金属伝導
山口 茂弘(名大物質科学) 典型元素を含むπ電子系化合物の創製と機能開拓

2012年(第八回)

忍久保 洋(名大院工) ポルフィリン系機能性分子の革新的な合成手法の開発
西林 仁昭(東大院工) 錯体化学を用いた新しい窒素固定法の開発
松浦 和則(九大院工) DNAやペプチドの自己集合特性を活用したナノ構造体の構築

2011年(第七回)

大井 貴史(名大院工) キラルアンモニウム塩やキラルテテトラアミノホスホニウム塩を用いた不斉合成反応の開発
福山 知昭(東大院理) 磁性酸化物半導体の創製

2010年(第六回)

菊地 和也(阪大院工) 生体内分子を可視化する化学プローブのデザイン・合成・生物応用の研究
杉野目 道紀(京大院工)高機能ホウ素反応剤のデザインと創製に基づいた触媒的精密有機合成の研究

2009年(第五回)

井上 将行(東大院理) 海洋環状ポリエーテル類の全合成研究
小江 誠司(九大)   水溶性金属アクア錯体を用いた水中・常温・常圧での水素分子の活性化

2008年(第四回)

大越 慎一(東大院理) 磁気化学を基盤とした新規磁気物性の創出に関する研究
(同時に日本学士院学術奨励賞も受賞)

2007年(第三回)

大熊 毅(北大院工)  ケトン類の不斉水素化反応の開発
侯 召民(理研)    新しい希土類重合触媒と新規機能性材料の開発
椿 範立(富山大院工) 石油代替エネルギーに着目した触媒プロセスの開発

2006年(第二回)

今堀 博 (京大院工) カーボンナノ構造体を用いた人工光合成系の構築

2005年(第一回)

石原 一彰(名大院工) 人工小分子グリーン触媒の開発
加藤 隆史(東大院工) 分子の自己組織化に着目した機能材料の開発
小林 修 (東大院薬) 有機反応媒体の再構築による環境調和型反応プロセスの開発
鈴木 俊法 (理研)  分子線散乱イメージング法による化学反応の可視化

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  2. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  3. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  5. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  6. シューミン・リー Shu-Ming Li
  7. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggar…
  8. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  3. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  4. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  5. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  6. リロイ・フッド Leroy E. Hood
  7. 世界の中心で成果を叫んだもの
  8. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  9. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  10. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP