[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

日本学術振興会賞受賞者一覧

[スポンサーリンク]

日本学術振興会賞(JSPS Prize)は国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、毎年20件程度の

(1) 45歳未満
(2) 博士の学位を取得(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む。)
(3) 日本国籍を有する者又は外国人であって推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定

の研究者が受賞できる。授賞数は毎年度20件程度とし、受賞者には、副賞として研究奨励金110万円を贈呈される。また、日本学術振興会賞受賞者の中から特に優れた者6名以内に、日本学士院学術奨励賞が授与される。すなわち例えれば日本化学会でいう「進歩賞」をオール学問対象に拡大したものになる。

2004年から行われており、受賞した化学者は次の通りである(画像:日本学術振興会HPより)。


ちなみにiPS細胞の山中教授は2006年に受賞している。

2020年(第十六回)

山下 誠(名大院工) 高反応性ホウ素化合物の創製とその特異な反応性の解明
依光 英樹(京大院理)京都大学 大学院理学研究科 教授
松田 亮太郎(名大院工)ナノポーラス金属錯体による分子認識および捕捉機能に関する研究

2019年(第十五回)

合田 圭介(東大院理)超高速イメージング法・分光法の開発とその基礎科学・ 産業・医療への応用
田中 克典 (理研) 糖鎖ドラッグデリバリーシステムによる生体内での有機合成化学
中尾 佳亮(京大院工)新たな金属触媒系の開発による不活性結合の活性化・変換手法の創出
柳井 毅(名大ITbM) 多電子理論に基づく量子化学計算法の開発と大規模計算への展開

2018年(第十四回)

山東 信介(東大院工) 生体系の分子計測・イメージングにおける画期的NMR分子プローブの開発

2017年(第十三回)

村上 裕(名大院工)非天然アミノ酸を含むペプチドの翻訳合成
正岡 重行(分子研) 金属錯体を触媒とする酸素発生反応

2016年(第十二回)

植村 卓史(京大理) ナノ空間を利用した精密重合法の開発と特異な物性発現
前田 理(北大理) 化学反応経路を自動探索するための理論手法の開発

2015(第十一回)

駒場 慎一(東理大理) 次世代蓄電池の電極材料研究
田中 敬二(九大工) 高分子界面における局所構造・物性の評価法確立と高分子の機能化に関する研究

2014年(第十回)

伊丹 健一郎(名大理) 芳香環連結分子の精密迅速合成法の開発と応用
岡本 晃充(東大先端研) 化学を基盤とした核酸機能観察系の構築
陰山 洋(京大工) 低温合成法を用いた機能性遷移金属酸化物の開発

2013年(第九回)

大友 明(東工大理工) 高品質酸化物絶縁体界面での金属伝導
山口 茂弘(名大物質科学) 典型元素を含むπ電子系化合物の創製と機能開拓

2012年(第八回)

忍久保 洋(名大院工) ポルフィリン系機能性分子の革新的な合成手法の開発
西林 仁昭(東大院工) 錯体化学を用いた新しい窒素固定法の開発
松浦 和則(九大院工) DNAやペプチドの自己集合特性を活用したナノ構造体の構築

2011年(第七回)

大井 貴史(名大院工) キラルアンモニウム塩やキラルテテトラアミノホスホニウム塩を用いた不斉合成反応の開発
福山 知昭(東大院理) 磁性酸化物半導体の創製

2010年(第六回)

菊地 和也(阪大院工) 生体内分子を可視化する化学プローブのデザイン・合成・生物応用の研究
杉野目 道紀(京大院工)高機能ホウ素反応剤のデザインと創製に基づいた触媒的精密有機合成の研究

2009年(第五回)

井上 将行(東大院理) 海洋環状ポリエーテル類の全合成研究
小江 誠司(九大)   水溶性金属アクア錯体を用いた水中・常温・常圧での水素分子の活性化

2008年(第四回)

大越 慎一(東大院理) 磁気化学を基盤とした新規磁気物性の創出に関する研究
(同時に日本学士院学術奨励賞も受賞)

2007年(第三回)

大熊 毅(北大院工)  ケトン類の不斉水素化反応の開発
侯 召民(理研)    新しい希土類重合触媒と新規機能性材料の開発
椿 範立(富山大院工) 石油代替エネルギーに着目した触媒プロセスの開発

2006年(第二回)

今堀 博 (京大院工) カーボンナノ構造体を用いた人工光合成系の構築

2005年(第一回)

石原 一彰(名大院工) 人工小分子グリーン触媒の開発
加藤 隆史(東大院工) 分子の自己組織化に着目した機能材料の開発
小林 修 (東大院薬) 有機反応媒体の再構築による環境調和型反応プロセスの開発
鈴木 俊法 (理研)  分子線散乱イメージング法による化学反応の可視化

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. パオロ・メルキオーレ Paolo Melchiorre
  2. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  3. トム・マイモニ Thomas J. Maimone
  4. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  5. 井上 将行 Masayuki Inoue
  6. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  7. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  8. 鈴木 章 Akira Suzuki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アラインをパズルのピースのように繋げる!
  2. ライトケミカル工業2022卒採用情報
  3. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  4. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  5. MNBA脱水縮合剤
  6. マット・シェア Matthew D. Shair
  7. ストックホルム市庁舎
  8. ちょっと変わったイオン液体
  9. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  10. ゲラニオール

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP